軽重 読み方 - 故事成語「尾を塗中に曳く」の読み方や意味、由来について

読み方 軽重 「重用」の読みは?

重 「じゅう」「ちょう」読み分け問題

読み方 軽重 「間隙」の4つの意味と読み方は?使い方の例文と類語・英語も解説

「多寡」の意味と使い方!「たかをくくる」の漢字の誤用に注意!【類義語・例文】|語彙力.com

読み方 軽重 鼎の軽重を問う

読み方 軽重 「間隙」の4つの意味と読み方は?使い方の例文と類語・英語も解説

読み方 軽重 【鼎の軽重を問う】の意味と使い方や例文(語源由来・英語訳)

「軽」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

読み方 軽重 鼎の軽重を問う

読み方 軽重 鼎の軽重を問うの意味!使い方は?例文や故事もチェック!

軽重の読み方と意味、「けいちょう」と「けいじゅう」正しいのは?

読み方 軽重 「鼎の軽重を問う(かなえのけいちょうをとう」とは?意味、類義語、使い方を解説!

読み方 軽重 小学校四年生で習う漢字 一覧(新要領)|小学生の漢字・読み方・例・画数調べ・4年|家勉キッズ

小学校四年生で習う漢字 一覧(新要領)|小学生の漢字・読み方・例・画数調べ・4年|家勉キッズ

読み方 軽重 重 「じゅう」「ちょう」読み分け問題

「緩急軽重」の意味とは?読み方は?使い方から類義語まで解説

軽水【けいすい】 [英語]lightwater [化]軽水素 質量数1 と酸素 質量数16 から成る水。 そして、衰亡してもはや実権を備えていなかった周の 定王 ( ていおう )は、重臣 王孫満 ( おうそんまん )を派遣して荘王と対面させた。 呉音では「く」)、十 じゅう(呉音)、百 ひゃく(呉音)、千 せん(呉音・漢音) 漢文は漢音で読む? 「鼎の軽重を問う」の場合、「軽重」の「重」を「ちょう」と漢音で読むのは、素直に、漢籍に由来する言葉だから、漢音で読むのが普通だからでしょう。 類義語 軽重緩急 英語訳 an emergency 緩急 , slightness and seriousness 軽重 「緩急軽重」という四字熟語は、物事を評価する言葉であるため、使い所はたくさんあります。 この説に合致する例 「じゅう」と読み、「重い」「重み」という意味の熟語 重力(じゅうりょく)、体重(たいじゅう)、重量(じゅうりょう)、重税(じゅうぜい)、重罪(じゅうざい)、重厚長大(じゅうこうちょうだい)、重大(じゅうだい)、重油(じゅうゆ) 「ちょう」と読み、「重なる」という意味の熟語 重畳(ちょうじょう)、重陽(ちょうよう)、偏重(へんちょう)、重年(ちょうねん)、 「ちょう」と読み、「はばかる」という意味の熟語 自重(じちょう) 、慎重(しんちょう) この説の反例 「じゅう」と読み「かさなる」という意味を持つ熟語 重婚(じゅうこん)、 重言(じゅうげん)、重箱(じゅうばこ) 、重縁(じゅうえん)、重版(じゅうはん)、重根(じゅうこん)、重重(じゅうじゅう)(重々承知など)、重説(じゅうせつ)、重層(じゅうそう)(重層構造、重層的)、二重(にじゅう)(二重母音、二重国籍など)、五重(ごじゅう)(五重の塔)、重刷(じゅうさつ)、重唱(じゅうしょう)、重葬(じゅうそう)、重訳(じゅうやく) 「ちょう」と読み、「重い」「重み」という意味を持つ熟語 軽重(けいちょう)(鼎の軽重)、荘重(そうちょう)、重事(ちょうじ)、 「じゅう」「ちょう」両方の読み方がある熟語 重用(じゅうよう、ちょうよう)、捲土重来(けんどちょうらい、けんどじゅうらい) 、重恩(じゅうおん、ちょうおん)、重出(じゅうしゅつ、ちょうしゅつ)、重祚(じゅうそ、 ちょうそ )、重訳(じゅうやく、ちょうやく)、 漢和辞典での説明 『漢字源』による説明 手元の『漢字源 改訂第六版』で「重」の説明を見てみます。 「軽」の検字番号一覧 書籍 出版社 検字番号 角川大字源 角川書店 9959 新大字典 講談社 16859 新潮日本語漢字辞典 新潮社 12577 大漢和辞典 大修館書店 38281 大漢語林 大修館書店 11340 辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検字番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。 自分の手元にある『漢字源』という字典では、ベン 呉音 ・ビン 慣用音 ・ヘン 漢音 という音があることが確認できますが、「 排泄物の意味は「べん」で、運送機関の輸送や手紙という意味では「びん」だ」という対応は見られません。 このとき、チャイナ(中国)での発音とは関係なく、 「つぎの」「あくる」という意味では「明」は「みょう」と読む と判断することは、妥当だと言えますよね? 省の例 「省」という漢字は、「しょう」という呉音と、「せい」という漢音があります。 どう捉えるか 上記のような、「日」や「頭」のような場合について、 「あたま」の意味の「頭」は「ず」と読むのが本当は正しいのに、「とう」という読み方も広まってしまっているんですよねえ と言われたら、 オイオイ待てよ、と言いたくならないでしょうか。 「鼎 かなえ 」という言葉は、三本足がついた古代中国の青銅器 元々は土器 を意味していて、飲食物の煮炊きや祭祀の道具、権威権力の象徴として用いられていました。 中国の春秋時代、 礎 ( そ )の 荘王 ( そうおう )は小国を次々と破り、周の都の洛陽まで進撃した。 『全訳漢辞海第四版』「漢字音について」の一部記述を簡略化したもの) 呉音が残る分野 律令制 大宝 たいほう 律令 りつりょう(西暦701年)では、二官八 省を基本とする体制が定められています。 「鼎の軽重を問う」の由来は、中国の『 春秋左氏伝 ( しゅんじゅうさしでん )』にある次の故事に基づく。 「鼎の軽重を問う」という故事成語・ことわざは、 「権力者・権威者の実力を疑うこと」や 「その場で発言力を持つ権力者 有力者 の実際の能力・影響力を疑うこと」を意味しています。 例) もく:「木造」、「草木」(そうもく)、「樹木」「木魚」 ぼく:「木刀」、「高木」(こうぼく)、「流木」(りゅう)、「銘木」(めいぼく) しかし、 五行説 ごぎょうせつに由来する「木星」「木曜日」では「もく」と読みます。 読み方 緩急軽重 かんきゅうけいちょう 意味 物事や状況の重要性や緊急性のこと。 但し、「 甲を重んじて、乙を」というをは、の「」と、「 重甲 軽乙」というになる(例: 重義 軽利)(これはでも同様。 数字の読み方(「呉音・漢音」は両者に共通ということ) 一 いち(呉音)、二 に(呉音)、三 さん(呉音・漢音)、四 し(呉音・漢音)、五 ご(呉音・漢音)、六 ろく(呉音)、七 しち(呉音)、八 はち(呉音)、九 きゅう(漢音。 「緩急軽重 かんきゅうけいちょう 」の類義語 「緩急軽重 かんきゅうけいちょう 」には以下のような類義語があります。 このうち、「信長は秀吉を 重用した」「この会社は若手を 重用している」など「人を重く用いる 登用する 」という意味の「重用」の伝統的な読みは[ ジューヨー]です。 ところが、その後「大事なこと」を意味する「重要」(じゅうよう)との混同を避けるためか、あるいは同じ「重」を用いた「 重宝」( ちょうほう)などの読みに引きずられたのでしょうか、「重用」を[チョーヨー]と読む慣用化が進んだようで、昭和30 1955 年には「ちょうよう 重用」の見出し語で一部の辞書に初めて登場しています。 その意味が強まって、 「鼎の軽重を問う」には 「その権力者 有力者 の実際の力を疑って、その地位や立場を奪い取ろうとすること」という意味のニュアンスもあります。 「軽」が入る四字熟語 挙足軽重 きょそくけいちょう 群軽折軸 ぐんけいせつじく 軽裘肥馬 けいきゅうひば 軽諾寡信 けいだくかしん 軽妙洒脱 けいみょうしゃだつ 軽慮浅謀 けいりょせんぼう 津軽【つがる】 [Romaji]Tsugaru 青森県西半部の地域名。 足軽【あしがる】 平素は雑役 ザツエキ に勤め、戦時には歩兵となる雑兵 ゾウヒョウ。 それでも「はぶく」の場合はショウと読む傾向はあるよね まあ、上記のような例外はあったとしても、 大体において 、 漢字源が言っているように、 「はぶく」の場合ショウと読みます。 軽の書き順【筆順】 読み方 『 軽』の字には少なくとも、 ケイ・ キン・ キョウ・ かろやか・ かるいの5種の読み方が存在する。 ( 『「」を読む (〔〕著)』) 用法 逆の意味をたを際、は「」「」「」「」「」というようにい方をしてい方をが、「軽重」「」「」のはで、い方(軽、陰、貧)が先でい方(重、陽、富)がなる。 「 鼎 ( かなえ )」とは、古代中国で食物を煮るのに使われた器具だが、ここでは、王位の象徴として周王朝の王室に伝えられていた、九つの鼎のこと。 「軽視・軽侮・軽蔑 けいべつ 」 熟語 四字熟語 「軽」の漢字を語中にもつ四字熟語6種を表にまとめる。.

  • .

  • .

  • .




2022 www.listmeapp.com