バックス 対 ネッツ - 延長戦の末にネッツを下したバックスがプレイオフ進出確定

対 ネッツ バックス 3Pを“打たせる”ネッツとバックス

対 ネッツ バックス デローザンの50得点でブルズが延長戦を制す…バックス対ネッツもOTの激闘に/NBA(バスケットボールキング)

対 ネッツ バックス バックスがホームでネッツを破りシリーズは『GAME7』へ、第6戦で38得点を挙げたクリス・ミドルトン「次が楽しみ」

対 ネッツ バックス バックスがホームでネッツを撃破 一度もリードを許さず15点差で快勝

プレーオフ②バックスvsネッツ

対 ネッツ バックス 延長戦の末にネッツを下したバックスがプレイオフ進出確定

対 ネッツ バックス ネッツ対バックスの見どころ 2021

ネッツ対バックスの見どころ 2021

対 ネッツ バックス バックスがホームでネッツを撃破 一度もリードを許さず15点差で快勝

対 ネッツ バックス 3Pを“打たせる”ネッツとバックス

3Pを“打たせる”ネッツとバックス

対 ネッツ バックス 3Pを“打たせる”ネッツとバックス

対 ネッツ バックス バックスがホームでネッツを撃破 一度もリードを許さず15点差で快勝

プレーオフ②バックスvsネッツ

(表現が難しいですが、対戦相手の3Pが下手な選手が打っているということ) 〇シュートを打った選手の平均3P% ネッツ 34.9%(1位) バックス 35.0%(2位) 見事にワンツーフィニッシュです。 つまり、この両チームは インサイドを強く守って3Pは打たせる という構図ではあるけれど、誰にでも3Pを打たせているのではなく、しっかりと狙いがあり 3Pが決まらない選手に打たせるディフェンス ということになります。 〇3Pアテンプト(vsバックス) 【15本】 ジェイレン・ジャクソンJr 【12本】 トーリアン・プリンス エリック・ゴードン 【11本】 アーロン・べインズ ブラッドリー・ビール ケンバ・ウォーカー 【10本】 マーカス・スマート ダニーロ・ガリナリ マリック・ビーズリー ビールやケンバはいるものの、他はハンドラーとしてではなく、シューターとして打つ傾向が強い選手なので、フリーにしてしまうわけです。 〇被3Pアテンプト 【キャッチ&シュート】 バックス 27.4本 ネッツ 22.9本 【プルアップ】 バックス 10.6本 ネッツ 11.3本 バックスはキャッチ&シュートを打たせる ネッツはプルアップを打たせる こんな構図が浮かび上がってきます。 傾向的には ネッツ 「ターゲットを絞って打たせる」 バックス 「フリーで打たせまくっているけど特定のシューターは抑えている」 という形です。 〇被3Pアテンプト ネッツ 34.6本(19位) バックス 38.6本(30位) そのうえで多くの3Pを打たれているのも特徴です。 〇被3P% 【キャッチ&シュート】 リーグ平均 37.0% バックス 36.7% ネッツ 36.4% 【プルアップ】 リーグ平均 33.9% バックス 32.9% ネッツ 32.6% そもそもプルアップの方が確率悪いんだから、プルアップを打たせてしまえ! みたいなデータ主義がネッツにはあり、その上で確率も落としています。 バックスが負けた試合では、 エンビード・ホーフォード・トバイアスで3P11/20 ポルジンギス 4/8 べインズ&サリッチ 7/15 などがあり、 ビッグマンの3P次第では勝てることがわかります。 〇プルアップ3P リラード 32.1% ドンチッチ 40.1% 今回の主題は「3Pを打たせるネッツ」であり、 「3Pの確率を落とせていない(DIFFは悪い)けど、3P%が低い選手に打たせている」なので、ネッツ的な観点では リラードに打たせたのは間違い ドンチッチに打たせたのは正解 というのがアトキンソン流の守り方です。.

  • .

  • .

  • .

バックスがホームでネッツを破りシリーズは『GAME7』へ、第6戦で38得点を挙げたクリス・ミドルトン「次が楽しみ」

.

  • .

  • .

  • .




2022 www.listmeapp.com