話 が 違う と 言 われ て も 今更 もう 知り ませ ん よ - 心に響く言葉・やる気が出る名言 30選

われ 今更 もう が よ も 話 違う ませ 言 と ん て 知り TOAの最後に帰ってきた赤い髪の青年について今更考える|そら|note

われ 今更 もう が よ も 話 違う ませ 言 と ん て 知り 『話が違うと言われても、今更もう知りませんよ ~婚約破棄された公爵令嬢は第七王子に溺愛される~』のコミカライズ連載が先行開始

文系がハーレー乗りに!スポーツスター・カスタム紀行

われ 今更 もう が よ も 話 違う ませ 言 と ん て 知り 人間ドックの結果で眼圧が右8、左9と正常値より低く視力も0.7

死ぬときは「お迎え」がきてくれるのか|亡くなった人と話しませんか|サトミ

われ 今更 もう が よ も 話 違う ませ 言 と ん て 知り おもわず「話が違う!」と叫びたくなる展開が目白押し!『話が違うと言われても、今更もう知りませんよ ~婚約破棄された公爵令嬢は第七王子に溺愛される~』がマンガアプリPalcyにて連載開始!

萌えた体験談 <結婚して10ヶ月の妻を・・>

われ 今更 もう が よ も 話 違う ませ 言 と ん て 知り 心に響く言葉・やる気が出る名言 30選

高橋コウの手記

われ 今更 もう が よ も 話 違う ませ 言 と ん て 知り 高橋コウの手記

われ 今更 もう が よ も 話 違う ませ 言 と ん て 知り 西村賢太原作「苦役列車」の映画を見たら「あ、俺この世界知ってる」と思った話

われ 今更 もう が よ も 話 違う ませ 言 と ん て 知り 【レビュー・感想】SUPER BEAVER『東京』を聴いたら「自分が本当に嫌いな歌」がどんな歌なのか気づいた

TOAの最後に帰ってきた赤い髪の青年について今更考える|そら|note

われ 今更 もう が よ も 話 違う ませ 言 と ん て 知り 【怖い話】禁断の田代峠奥

【短編】「死ぬほどゾッとする怖い話」本当に怖いものだけ厳選…。

われ 今更 もう が よ も 話 違う ませ 言 と ん て 知り 夢野久作 霊感!

9歳年上の指導員を好きになりました。

「どうして……、どうして……」 先生は同じ言葉を二 遍 ( へん )繰り返した。 梅が咲くにつけて寒い風は段々 向 ( むき )を南へ 更 ( か )えて行った。 「あ~、奥さんやっぱりいい女だね」 「い、いえ、、」 「この大事な奥さんを僕に差し出すんだね」 男は平然とした様子で写真を数秒間見つめると、突然 ズボンのチャックを下ろして勃起した肉棒を露わにし ました。 そうしてその弱くて高い 処 ( ところ )に、私の懐かしみの根を置いていた。 中にも私は レミヤが行き付けの天主教会に献金をして、僧正の位を持っているという老牧師に天祐を祈ってもらったり、何人もの産婆に レミヤを診察させて、生れる日取りを勘定してもらっては肝を冷したり、そうかと思うと有名な占い婆の門口で今一人のアル マチラとぶつかり合って、赤面しながら引き返したり……なぞ、あらん限りの下らない事ばかりを、 選 ( よ )りに選って繰り返しておりましたが、そんな事をしているうちにも レミヤのお腹は容赦なくせり出して来て、今にも赤ん坊が飛び出しそうになって参りました。 「そら見たまえ」 「何をですか」 「君の気分だって、私の返事一つですぐ変るじゃないか」 待ち合わせるために振り向いて 立 ( た )ち 留 ( ど )まった私の顔を見て、先生はこういった。 ねむねむさん 「どちらにしようかな 天の神様の言うとおり あべべの べの べの チヨコレイト」 (注:発音が「チョコレート」ではなく あくまで「チヨコレイト」でした。 同じ場所なのにぜんぜん違ってるのは何でかな? ノポルさん 「どちらにしようかな てんのかみさまのいうとおり なのなのな」 で育ちました。 子供を持った事のないその時の私は、子供をただ 蒼蠅 ( うるさ )いもののように考えていた。 先生のお 父 ( とう )さんやお母さんなんか、ほとんど 同 ( おんな )じよ、あなた、亡くなったのが」 「亡くなられた日がですか」 「まさか日まで同じじゃないけれども。 「ふふ、じゃあ返事はしなくていいから、もしチンポ が欲しくておまんこ濡らしてたら、私といやらしいキ スしてくれる?」 男はベットの上に真帆に跨るように立ち、真帆の顔を 両手で上に向けるようにして顔を近づけました。 先生はこの日あたりの 好 ( い )い 室 ( へや )の中へ大きな火鉢を置いて、 五徳 ( ごとく )の上に懸けた 金盥 ( かなだらい )から立ち 上 ( あが )る 湯気 ( ゆげ )で、 呼吸 ( いき )の苦しくなるのを防いでいた。 ほかに、岩手県沿岸南部では、 「どちらにしようかな 神様のいうとおり キツネとタヌキにだまされるなよ」 岩手県盛岡市出身の後輩は、 「どちらにしようかな 神様のいうとおり 赤とんぼ 白とんぼ 柿の種」 と言ってました。 掛茶屋へ帰ると、井戸の水も浴びずに、すぐ 身体 ( からだ )を 拭 ( ふ )いて着物を着て、さっさとどこへか行ってしまった。 私にはただ卒業したという自覚があるだけで、これから何をしようという 目的 ( あて )もなかった。 それだのに、東京で 好 ( い )い地位を求めろといって、私を 強 ( し )いたがる父の頭には矛盾があった。 私 ( わたくし )は墓地の手前にある 苗畠 ( なえばたけ )の左側からはいって、両方に 楓 ( かえで )を植え付けた広い道を奥の方へ進んで行った。 「どれにしようかな? 神様のいうとおり キンコンカンコンネ 油のケ」 「油のケ」は「あぶらむし」が派生したのでしょうか? どちらの地方も「神様のいうとおり」の直後はリズミカルですねぇ。 「あぷっ」が多くて溺れてるみたいですね 笑 みやこさん ウチは どれにしようかな 神様の言うとおり ちくたくちくたく マヨネーズでした。 それからの私はほとんど論文に 祟 ( たた )られた精神病者のように眼を赤くして苦しんだ。 やがて若葉に 鎖 ( と )ざされたように 蓊欝 ( こんもり )した小高い 一構 ( ひとかま )えの下に細い 路 ( みち )が 開 ( ひら )けた。 「旦那さんからも聞いたけど、セックスで全然イカせ てもらえないんでしょう?」 「、え、、あ、、」 「チンポ入ったまま中でイキたいでしょう?旦那さん は早漏でしてあげられないから、私に代わりにしても らいたいって言ってたよ」 男の肉棒をしごく手が徐々に早くなり、真帆の口元ま で近づけて言いました。 奥さんは「本当いうと 合 ( あい )の 子 ( こ )なんですよ」といった。 私はそれが年長者に対する私の 口癖 ( くちくせ )だといって弁解した。 書斎は茶の間の縁側を突き当って折れ曲った 角 ( かど )にあるので、 棟 ( むね )の位置からいうと、座敷よりもかえって掛け離れた静かさを 領 ( りょう )していた。 お前がそれほど尊敬するくらいな人なら何かやっていそうなものだがね」 父はこういって、私を 諷 ( ふう )した。 私の 宅 ( うち )の古い門の屋根は 藁 ( わら )で 葺 ( ふ )いてあった。 無論私自身の心がこの言葉に反響するように、飛び立つ嬉しさをもっていなかったのが、一つの 源因 ( げんいん )であった。 したがって 一人 ( ひとり )ぼっちになった私は別に 恰好 ( かっこう )な宿を探す面倒ももたなかったのである。 彼らはここで茶を飲み、ここで休息する 外 ( ほか )に、ここで海水着を洗濯させたり、ここで 鹹 ( しお )はゆい 身体 ( からだ )を清めたり、ここへ帽子や 傘 ( かさ )を預けたりするのである。 私は 外 ( ほか )の人からこういわれたらきっと 癪 ( しゃく )に 触 ( さわ )ったろうと思う。 しかしいつでもというわけにはいかない」 「今夜はいかがです」 「今夜は 好 ( い )い心持だね」 「これから毎晩少しずつ召し上がると 宜 ( よ )ござんすよ」 「そうはいかない」 「召し上がって下さいよ。 先生は 単簡 ( たんかん )にただ「ええいらっしゃい」といっただけであった。 父が以前のように、軽々と動く間は、もう少し 慎 ( つつし )んでくれたらと心配した。 生れた時にちゃんと 極 ( きま )った年数をもらって来るんだから仕方がないわ。 私はそこで 麦酒 ( ビール )の泡のような彼の 気 ( きえん )を聞かされた。 私は 畏 ( かしこ )まったまま 烟草 ( タバコ )を飲んでいた。 始めのうちは珍しいので、この 隠居 ( いんきょ )じみた娯楽が私にも相当の興味を与えたが、少し時日が 経 ( た )つに 伴 ( つ )れて、若い私の気力はそのくらいな 刺戟 ( しげき )で満足できなくなった。 実際あんなじゃなかったんですもの」 「どんなだったんですか」 「あなたの希望なさるような、また私の希望するような頼もしい人だったんです」 「それがどうして急に変化なすったんですか」 「急にじゃありません、段々ああなって来たのよ」 「奥さんはその 間 ( あいだ )始終先生といっしょにいらしったんでしょう」 「無論いましたわ。 行くたびに 大抵 ( たいてい )はひそりとしていた。 しかしどうしてもいつどこで会った人か 想 ( おも )い出せずにしまった。 「 ハルスカイン家の最近い親類」という理由の下に、親類会議の代表者から 否応 ( いやおう )なしに引っぱり出されて、 ハルスカイン家の祭壇の前で、無理やりに久し振りの挨拶を交換すべく余儀なくされました レミヤと私達兄弟はタッタ一眼でもう、絶対の運命に運命づけられてしまったのです。 「真帆さん、身長は何センチあるの?」 「164cmです」 「そうなんだね、真帆さんは肉付きも良くて本当に興 奮してしまうよ」 男は真帆をベットに座らせると、真帆に近づいた位置 に立って肉棒を見せつけるように言いました。 私 ( わたくし )の妻などは私より 外 ( ほか )にまるで頼りにするものがないんだから」 先生の言葉はちょっとそこで 途切 ( とぎ )れたが、別に私の返事を期待する様子もなく、すぐその続きへ移って行った。 始めて先生の 宅 ( うち )を訪ねた時、先生は留守であった。 「私の 後 ( あと )を 跟 ( つ )けて来たのですか。 東京へ帰ってみると、 松飾 ( まつかざり )はいつか取り払われていた。 適当な位置に置かれるや 否 ( いな )や、すぐ 己 ( おの )れに自然な 勢 ( いきお )いを得て倒れようとした。 女は 殊更 ( ことさら )肉を隠しがちであった。 私が始めてその曇りを先生の 眉間 ( みけん )に認めたのは、 雑司ヶ谷 ( ぞうしがや )の墓地で、不意に先生を呼び掛けた時であった。 外へ出ると大変 好 ( い )い心持です」 「どこへ」 私はどこでも構わなかった。 それにしてもこの前父が卒倒した時には、あれほど驚いて、あんなに心配したものを、と私は心のうちで独り 異 ( い )な感じを 抱 ( いだ )いた。 私はその人の 眼鏡 ( めがね )の 縁 ( ふち )が日に光るまで近く寄って行った。 私にはその答えが 謙遜 ( けんそん )過ぎてかえって世間を冷評するようにも聞こえた。 それだのに眼を 開 ( あ )けて 見極 ( みきわ )めようとすると、やはり 何 ( なん )にもない。 私達もそれを見ますと直ぐにも抱き上げて頬擦りしてみたい衝動で一パイになるのですが、まだどっちの子とも 決定 ( きま )らない以上どうする事も出来ません。 けれども私はもともと事の 大根 ( おおね )を 攫 ( つか )んでいなかった。 それから 中 ( なか )二日おいてちょうど三日目の午後だったと思う。 それがまた 滅多 ( めった )に起る現象でなかった事も、その後絶えず 出入 ( でい )りをして来た私にはほぼ推察ができた。 ……仲よくしてちょうだい……」 と云ううちに 窶 ( やつ )れた頬を真赤に染めて、白い布団に潜ってしまいました。 しかしそれは恋とは違います」 「恋に 上 ( のぼ )る 楷段 ( かいだん )なんです。 私はその 後 ( ご )も長い間この「妻君のために」という言葉を忘れなかった。 そうして我々は沈黙に 鎖 ( と )ざされた人のようにしばらく動かずにいた。 「何かいうとまた議論を仕掛けるなんて、 叱 ( しか )り付けられそうですから」と私は答えた。 「真帆がこの人とこうやってセックスしてる所見たく てたまらない」 「真帆のこんな姿見れたら興奮しておかしくなりそう だよ」 いろいろな言葉を投げかけましたが、真帆の表面上の 変化は感じられませんでした。 私はその時また 蝉 ( せみ )の声を聞いた。 ある時は海の中が 銭湯 ( せんとう )のように黒い頭でごちゃごちゃしている事もあった。 「 小供 ( こども )に学問をさせるのも、 好 ( よ )し 悪 ( あ )しだね。 学校の授業が始まるにはまだ 大分 ( だいぶ ) 日数 ( ひかず )があるので鎌倉におってもよし、帰ってもよいという境遇にいた私は、当分元の宿に 留 ( と )まる覚悟をした。 「ついでにお 宅 ( たく )の前までお 伴 ( とも )しましょうか」といった。 自分が 好 ( い )いと思い込んだら、なかなか 私 ( わたし )のいう事なんか、聞きそうにもなさらないんだからね」 私はこの前帰った時、無理に 床 ( とこ )を上げさして、 髭 ( ひげ )を 剃 ( そ )った父の様子と態度とを思い出した。 そうしてそれから一週間目には以前とは見違えるほど晴れやかな顔に、美しくお化粧をして、私たちと 一所 ( いっしょ )の食卓に着いてくれましたが、その時の食事の愉快でお 美味 ( いし )かった事ばかりは永久に説明の言葉を発見し得ないであろうと思われる位で御座いました。 外側からいえば、私の方がむしろ 真面目 ( まじめ )だった。 私はふとした 機会 ( はずみ )からその一軒の方に行き 慣 ( な )れていた。 しかし先生の何もしないで遊んでいるという事は、東京へ帰って少し 経 ( た )ってから始めて分った。 私は先生の前で、しきりにその内容を 喋々 ( ちょうちょう )した。 そうして 遠浅 ( とおあさ )の 磯近 ( いそちか )くにわいわい騒いでいる 多人数 ( たにんず )の 間 ( あいだ )を通り抜けて、比較的広々した所へ来ると、二人とも泳ぎ出した。 例えば教習でお昼を挟んだ 場合は、コンビニいって買ったの食べてるんじゃなくて、自分で作ったお弁当を持ってきて食べてて、 「買うと余計なお金かかっちゃうから」とかいってる 子こそツボっぽいきがする、、、!!!!(笑) どうみても彼の理想像予備軍な子にみえるから。 「すぐお 宅 ( たく )へお帰りですか」 「ええ別に寄る所もありませんから」 二人はまた黙って南の方へ坂を下りた。 奥さんの態度は私に 媚 ( こ )びるというほどではなかったけれども、 先刻 ( さっき )の強い言葉を 力 ( つと )めて打ち消そうとする 愛嬌 ( あいきょう )に 充 ( み )ちていた。 「それじゃ奥さんだけが例外なんですか」 「いいえ私も嫌われている一人なんです」 「そりゃ 嘘 ( うそ )です」と私がいった。 ところが私が鎌倉に着いて三日と 経 ( た )たないうちに、私を呼び寄せた友達は、急に国元から帰れという電報を受け取った。 すべて顎の外れた患者を 癒 ( なお )すのに、患者が「今顎をはめられるナ」と思うと、思わず顎の筋肉を緊張させるものなのです。 「どちらにしようかな てんじんさまのいうとおり なのなのな」 人によっては「てんじんさま」 を 「てんのかみさま」 と言ったりしました。 その患者は苅り立ての頭をピッタリ二ツに分けて、 仕立卸 ( したておろ )しの フロックに縞 ズボンという、リュウとした礼服姿をしていたが、どうしたものか、顔の色が瀬戸物のように真青で、眉が垂直に逆立って、血走った両眼が鼻の附け根の処へ一つになるほど引き付けられている。 大分 ( だいぶ )日が永くなったようだが、やっぱりこう安閑としているうちには、いつの間にか暮れて行くんだね」 先生の背中には、さっき縁台の上に 仰向 ( あおむ )きに寝た 痕 ( あと )がいっぱい着いていた。 あの 冷評 ( ひやかし )のうちには君が恋を求めながら相手を得られないという不快の声が 交 ( まじ )っていましょう」 「そんな 風 ( ふう )に聞こえましたか」 「聞こえました。 人の噂によりますと、蝶よ花よは愚かな事、ゴムのお庭に水銀の池を湛えむばかり……出来る事なら イエス様を家庭教師にして マリヤ様を 保姆 ( ほぼ )にしたい位だったそうで、あらん限りの手を尽して育てました甲斐がありましたものか、 レミヤはだんだんと生長するに連れて、実に絵にも筆にも描けない美しい姿と、指のさしようもない柔順な心を持った娘になって参りました。 [#改ページ] 宅 ( うち )へ帰って案外に思ったのは、父の元気がこの前見た時と大して変っていない事であった。 「みんな 善 ( い )い人ですか」 「別に悪い人間というほどのものもいないようです。 隠さずいって 頂戴 ( ちょうだい )」 私は何も隠す気はなかった。 友達は中国のある資産家の 息子 ( むすこ )で金に不自由のない男であったけれども、学校が学校なのと年が年なので、生活の程度は私とそう変りもしなかった。 その卒業が父の心にどのくらい響くかも考えずにいた私は全く 愚 ( おろ )かものであった。 しかしそれは単に一時の 結滞 ( けったい )に過ぎなかった。 けれどもその思想家の 纏 ( まと )め上げた主義の裏には、強い事実が織り込まれているらしかった。 その後市内で引っ越しし、4つ下の妹の回りでは 「どちらにしようかな 神様の言うとおり となりのおばさんにきけばわかる なすの種」だったようです。 断じて御無用です」 と云いながら老 ドクトルは、いつの間にか昂奮してしまったらしく 自烈度 ( じれった )そうに拳固を固めて両膝をトントンとたたいた。 父はその 夜 ( よ )また気を 更 ( か )えて、客を呼ぶなら 何日 ( いつ )にするかと私の都合を聞いた。 私はその矛盾をおかしく思ったと同時に、そのお 蔭 ( かげ )でまた東京へ出られるのを喜んだ。 二人の間にある 生命 ( いのち )の扉を開ける 鍵 ( かぎ )にはならなかった。 実は私も昔年上の指導員好きに なりましたし、、^^;手とかさわってくる気持ち悪い おっさん教官とか、やたらキレやすいみるからに ヤンキー上がりのような怖い教官だとかの中に穏やか ~~な教官が新しく入ってこられて好きになってしまい ました。。。 しかも血のつづいた 親戚 ( しんせき )のものから欺かれたのです。 最後に先生の 風邪 ( ふうじゃ )についても 一言 ( いちごん )の見舞を 附 ( つ )け加えた。 しかし危険はいつ来るか分らないという事だけは承知していて下さい」 停車場 ( ステーション )のある町から迎えた医者は私にこういった。 私は 忽 ( たちま )ち雑司ヶ谷で「先生」と呼び掛けた時の記憶を強く思い起した。 「あすこには私の友達の墓があるんです」 「お友達のお墓へ 毎月 ( まいげつ )お参りをなさるんですか」 「そうです」 先生はその日これ以外を語らなかった。 ただ頭というのはあまりに 冷 ( ひや )やか過ぎるから、私は胸といい直したい。 「あんまり 逆上 ( のぼせ )ちゃいけません」と先生がいった。 「ふふ、それはそうだね、でもね旦那さんは真帆さん に欲望に正直になって欲しいんだって」 「、、」 「旦那さんの希望だから、真帆さんが感じている欲望 は何一つ悪い事ではないからね」 男はまた真帆の乳房を掴み、白い水着の上から乳首の 辺りを撫で始めました。 「 大方 ( おおかた )どこかへ避暑にでも行っているんでしょう」 私は母に向かって 言訳 ( いいわけ )らしい言葉を使わなければならなかった。 今となればなんであんなに妙に正直に言ってしまったんだろう…と後悔しています 涙 後悔ですね~~~~ でもまだこれから挽回ですよー! <今の私はむしろ18歳よりも子供かもしれません。 「卒業ができてまあ結構だ」 父はこの言葉を 何遍 ( なんべん )も繰り返した。 長谷辺 ( はせへん )に大きな別荘を構えている人と違って、 各自 ( めいめい )に専有の 着換場 ( きがえば )を 拵 ( こしら )えていないここいらの避暑客には、ぜひともこうした共同着換所といった 風 ( ふう )なものが必要なのであった。 すると先生がいきなり道の 端 ( はじ )へ寄って行った。 大方 ( おおかた )好くおなりなんだろう」 母は案外平気であった。 ただ先生を 伴 ( つ )れて郊外へ出たかった。 鎌倉にいた時、私は先生自身の口から、いつでも 大抵 ( たいてい )宅にいるという事を聞いた。 先生はそのうちで 樺色 ( かばいろ )の 丈 ( たけ )の高いのを指して、「これは 霧島 ( きりしま )でしょう」といった。 そんな事、先生に聞いて見るより 外 ( ほか )に仕方がないじゃありませんか。 たけうまさん どちらにしようかな 神様の言うとおり 隣のおじさんに よくよく聞けば分かります なのなの茄子の種はおいしいな。 そうして練り上げた思想を系統的に 纏 ( まと )める手数を省くために、ただ書物の中にある材料を並べて、それに相当な結論をちょっと付け加える事にした。 でこぼこさん 「すっぽろぽんの すっぽろぽん あぶらむし にんじん食って真っ赤っか だいこん食って真っ白け」 と言っていたような記憶があります。 熱がさめると 厭 ( いや )になります。 それと 同 ( おん )なじ理屈で」 「両方ともいわれる事はいわれますが、この場合は私の方が正しいのです」 「議論はいやよ。 そういう有様を目撃したばかりの私の 眼 ( め )には、猿股一つで済まして 皆 ( みん )なの前に立っているこの西洋人がいかにも珍しく見えた。 私は悪い事をした」 先生と私とは博物館の裏から 鶯渓 ( うぐいすだに )の方角に静かな歩調で歩いて行った。 「先生は 癇性 ( かんしょう )ですね」とかつて奥さんに告げた時、奥さんは「でも着物などは、それほど気にしないようですよ」と答えた事があった。 「かつてはその人の前に 跪 ( ひざまず )いたという記憶が、今度はその人の頭の上に足を 載 ( の )せさせようとする」といった先生の言葉は、現代一般の 誰彼 ( たれかれ )について用いられるべきで、先生と奥さんの間には当てはまらないもののようでもあった。 蜘蛛 ( くも )は明日の晴天を確信して風雨の中に網を張りまわし、 蛭 ( ひる )は水中に在りながら不断に天候の変化を予報する。 私はその 翌日 ( よくじつ ) 午飯 ( ひるめし )を食いに学校から帰ってきて、 昨夜 ( ゆうべ )机の上に 載 ( の )せて置いた菓子の包みを見ると、すぐその中からチョコレートを塗った 鳶色 ( とびいろ )のカステラを出して 頬張 ( ほおば )った。 あなたは 外 ( ほか )の方を向いて今に手を広げなければならなくなります。 ただその告白が雲の 峯 ( みね )のようであった。 先生と同郷の学生などには時たま座敷で同座する場合もあったが、彼らのいずれもは 皆 ( みん )な私ほど先生に親しみをもっていないように見受けられた。 そうしてそれを食う時に、 必竟 ( ひっきょう )この菓子を私にくれた二人の 男女 ( なんにょ )は、幸福な 一対 ( いっつい )として世の中に存在しているのだと自覚しつつ味わった。 彼らは 睦 ( むつ )まじそうに寄り添って花の下を歩いていた。 又 レミヤは レミヤで二人の心を、恋人の敏感さで見透かしながらも、どっちをどうする事も出来ないというような、この世に又とない苦しみに囚われてしまいましたので、そのために三人が三人共、行く末の相談どころでなく、口を利き合う事すら出来ない……さながらに生きながら地獄に 堕 ( お )ちたような有様になってしまいました。 そうして父の病状の思ったほど険悪でない事、この分なら当分安心な事、眩暈も 嘔気 ( はきけ )も皆無な事などを書き連ねた。 夕食前の 閑 ( ひま )つぶしに読んでいた小説を、太鼓腹の上に伏せて、片手で美事な禿げ頭をツルリと撫で上げながら、大きな 欠伸 ( あくび )を一つした。 私は女性なのですが、すいません^^; 私は今その指導員の方にほぼ同じ年齢ですが、正直 今18と恋愛は、、、、、想像だに出来ない域の 勢いかな、、、(すいません、、) 大抵の27歳であれば、18の子と、、というと「話があわなそう」「生活範疇がちがいそう」(例えば10代だとまだ 生活範囲って狭いですよね。 「お父さんは本当に病気を 怖 ( こわ )がってるんですよ。 私はあなたに 真実 ( まこと )を話している気でいた。 おれのような 下 ( くだ )らないものでも、まだこうしていられるくらいだから」 父は自分の達者な保証を自分で与えながら、今にも 己 ( おの )れに落ちかかって来そうな危険を予感しているらしかった。 尿毒症 ( にょうどくしょう )が出ると、もう 駄目 ( だめ )なんだから」 尿毒症という言葉も意味も私には 解 ( わか )らなかった。 患家の秘密を 無暗 ( むやみ )に 他所 ( よそ )で 饒舌 ( しゃべ )るようでは医師の商売は立ち行きませんからね」 青年はこれを聞くとようよう安心したらしかった。 その 頃 ( ころ )は日の 詰 ( つま )って行くせわしない秋に、誰も注意を 惹 ( ひ )かれる 肌寒 ( はださむ )の季節であった。 私が代られれば代ってあげても 好 ( い )いが。 しかも ウイグ氏が、 斯様 ( かよう )に多種多様の大勢を、如何なる意図の下に第一号法廷に召集するのであろうか……という事は、裁判の当日まで全く不明で、双方の弁護士の一流の頭脳を以てしても尚且つ、想像だに及ぼし得ないところで御座いました。 「あなたは大胆だ」 「ただ 真面目 ( まじめ )なんです。 「 覚 ( さ )めた結果としてそう思うんです」と答えた時の私には充分の自信があった。 私は今まで 何遍 ( なんべん )あの人に、どうぞ打ち明けて下さいって頼んで見たか分りゃしません」 「先生は何とおっしゃるんですか」 「何にもいう事はない、何にも心配する事はない、おれはこういう性質になったんだからというだけで、取り合ってくれないんです」 私は黙っていた。 その日本人は砂の上に落ちた 手拭 ( てぬぐい )を拾い上げているところであったが、それを取り上げるや否や、すぐ頭を包んで、海の方へ歩き出した。 家内 ( かない )のものは軽症の 脳溢血 ( のういっけつ )と思い違えて、すぐその手当をした。 それほど浜辺が混雑し、それほど私の頭が 放漫 ( ほうまん )であったにもかかわらず、私がすぐ先生を見付け出したのは、先生が一人の西洋人を 伴 ( つ )れていたからである。 実際 昂奮 ( こうふん )するんだから。 時とするとまた非常に 淋 ( さみ )しがった。 しかし私は先生を研究する気でその 宅 ( うち )へ 出入 ( でい )りをするのではなかった。 「私には 解 ( わか )りません」 奥さんは予期の 外 ( はず )れた時に見る 憐 ( あわ )れな表情をその 咄嗟 ( とっさ )に現わした。 最後に先生のいる席でなければ私と奥さんとは 滅多 ( めった )に顔を合せなかったから。 私は彼らから受けた屈辱と損害を 小供 ( こども )の時から 今日 ( きょう )まで 背負 ( しょ )わされている。 「私はあなたに話す事のできないある理由があって、 他 ( ひと )といっしょにあすこへ墓参りには行きたくないのです。 他の一人は五時を十五分ほど 後 ( おく )らして持って行ったため、 危 ( あやう )く 跳 ( は )ね付けられようとしたところを、主任教授の好意でやっと受理してもらったといった。 emeriaさん 「 どちらにしようかな 神様の言うとおり なのなのな 玉手箱 開けましょか てってけてのて みかんの皮が 剥けたかな・・・」。 そうしたらお前どうする」 「どうするって……」 奥さんはそこで 口籠 ( くちごも )った。 「 貰 ( もらい )ッ子じゃ、ねえあなた」と奥さんはまた私の方を向いた。 「先生はやっぱり時々こんな会へお 出掛 ( でか )けになるんですか」 「いいえ 滅多 ( めった )に出た事はありません。 ことに陛下のご病気以後父は 凝 ( じっ )と考え込んでいるように見えた。 私は 淋 ( さび )しかった。 その私が母のいい付け通り学校の課業を 放 ( ほう )り出して、休み前に帰って来たという事が、父には大きな満足であった。 そのうちにこの裁判の秘密が、どこから洩れたものかわかりませんが、だんだんと評判になって参りまして、方々の新聞がヨタ 交 ( まじ )りに書き立てるようになりました。 「真帆さん、凄くスケベな身体してるなぁ」 「、、ぁ、」 「 真帆は自分の大事な大事な妻で、一生誰にも触れられ るはずも無かったのに、自分のまいた種のせいで、い よいよ他人に汚される時が来てしまいました。 私はまた先生夫婦の事を 想 ( おも )い浮べた。 父は 枕元 ( まくらもと )へ来て 挨拶 ( あいさつ )する白い服を着た女を見て変な顔をした。 そうして鼻から下を蔽うた ハンカチを取り 除 ( の )けて、恐ろしく大きく……河馬のようにアングリと開いた口を指して見せながら、何やら云いたげに眼を白黒さしていたが、忽ち、 「アウアウアウアウアウ……」 と奇声を発したと思うと、又もはげしい 嘔気 ( はきけ )に襲われたと見えて、 「ゲエゲエゲエ。 しかし私はこの簡単な一句のうちに、父が 平生 ( へいぜい )から私に対してもっている不平の全体を見た。 後生 ( ごしょう )だからもう 好 ( い )い加減にして、おれが死んだらは 止 ( よ )して 頂戴 ( ちょうだい )。 土良君 こちら 鹿児島 のほうでは、その部分も微妙に違っていて 「ど・ち・ら・に・し・よ・う・か・な・て・ん・の・か・み・さ・ま・の・い・う・と・お・り・てっ・ぽう・うっ・て・ばん・ばん・ばん・もひ・とつ・うっ・て・ばん・ばん・ばん・おま・けに・うっ・て・ばん・ばん・ばん」というような感じでした。 今の若いものは、金を使う道だけ心得ていて、金を取る方は全く考えていないようだね」 父はこの 外 ( ほか )にもまだ色々の 小言 ( こごと )をいった。 けれども レミヤはいつも顔を真赤にして、 「どちらでも貴方がたのお好きな方を…… 妾 ( わたし )にはわかりませんから……」 と答えたそうですが、これは レミヤの云うのが本当で、そんな下らない事をきく両親の方が間違っております。 飯 ( めし )になった時、奥さんは 傍 ( そば )に 坐 ( すわ )っている 下女 ( げじょ )を次へ立たせて、自分で 給仕 ( きゅうじ )の役をつとめた。 するめぇさん 「どちらにしようかな・天の神様の言う通り・なのなのな・鉄砲撃ってばんばんばん・もひとつおまけにばんばんばん・げつかあすいもくきんどうに・ち・よ・う・び」でした!ちなみに、 神奈川県横須賀市のでした!!! ぐりさん どちらにしようかな、てんのかみさまのいうとおり、なのなのな、てっぽううってバンバンバン、もひとつおまけにバンバンバン。 異性と抱き合う順序として、まず同性の私の所へ動いて来たのです」 「私には二つのものが全く性質を 異 ( こと )にしているように思われます」 「いや同じです。 その一通は今いうこの簡単な返書で、あとの一通は先生の死ぬ前とくに私 宛 ( あて )で書いた大変長いものである。 「子供はいつまで 経 ( た )ったってできっこないよ」と先生がいった。 私は物足りないというよりも、 聊 ( いささ )か拍子抜けの気味であった。 自分を 呪 ( のろ )うより 外 ( ほか )に仕方がないのです」 「そうむずかしく考えれば、誰だって確かなものはないでしょう」 「いや考えたんじゃない。 私たち兄弟のこうした申合わせは、 却 ( かえ )って正反対の結果を招く原因となってしまったのです。 先生の談話は時として 不得要領 ( ふとくようりょう )に終った。 二人の 間 ( あいだ )には目を 遮 ( さえぎ )る幾多の黒い頭が動いていた。 すると二人の恋からこんな 厭世 ( えんせい )に近い覚悟が出ようはずがなかった。 そのたびに一種の心苦しさを 嘗 ( な )めた私は、とうとう帰る決心をした。 世間というより 近頃 ( ちかごろ )では人間が嫌いになっているんでしょう。 「ご病人をお 大事 ( だいじ )に」と奥さんがいった。 田中 ですが変な話、撮影のときはその 「いま自分はぜんぜんわかってないぞ」 ということも、 すごくおもしろかったんです。 先生と話していた私は、ふと先生がわざわざ注意してくれた 銀杏 ( いちょう )の 大樹 ( たいじゅ )を 眼 ( め )の前に 想 ( おも )い浮かべた。 私は学期の終りまで待っていても 差支 ( さしつか )えあるまいと思って一日二日そのままにしておいた。 冬が来た時、 私 ( わたくし )は偶然国へ帰らなければならない事になった。 その 方 ( かた )がちょうど卒業する少し前に死んだんです。 すると 後 ( うし )ろの方で犬が急に 吠 ( ほ )え出した。 これからどこへ行くという 目的 ( あて )のない私は、ただ先生の歩く方へ歩いて行った。 玄関と門の間にあるこんもりした 木犀 ( もくせい )の 一株 ( ひとかぶ )が、私の 行手 ( ゆくて )を 塞 ( ふさ )ぐように、 夜陰 ( やいん )のうちに枝を張っていた。 「先生帽子が落ちました」 「ありがとう」 身体 ( からだ )を半分起してそれを受け取った先生は、起きるとも寝るとも片付かないその姿勢のままで、変な事を私に聞いた。 そのうちの 一人 ( いちにん )は 締切 ( しめきり )の日に車で事務所へ 馳 ( か )けつけて 漸 ( ようや )く間に合わせたといった。 そして、 どれにしようかな(8回) どれにしようかな天の神様の言うとおり(21回) どれにしようかな天の神様の言うとおり、あぷぷのぷのぷ(28回) という具合に使い分けていました。 国へ帰ってからの日程というようなものをあらかじめ作っておいたので、それを 履行 ( りこう )するに必要な書物も手に入れなければならなかった。 先生はその日 横浜 ( よこはま )を 出帆 ( しゅっぱん )する汽船に乗って外国へ行くべき友人を 新橋 ( しんばし )へ送りに行って留守であった。 「どれにしようかな 神様の言うとおり ちんぷんかんぷんめ アブラムシ 大砲撃って どんどこしょ!」 の「しょ!」で指したほうを選んでました。 けれどもその事があってから 後 ( のち )なんです。 ある 鹿児島人 ( かごしまじん )を友達にもって、その人の 真似 ( まね )をしつつ自然に習い覚えた私は、この芝笛というものを鳴らす事が上手であった。 「、、ん、ぁ、」 「自分で膝抱えて、そう、スケベな格好してチンポ受 け入れて」 あの真帆が初対面の男の言われるがままに、自らの脚 を両手で掴んで、見たこともない卑猥な格好をしまし た。 「いくつ? 一つ? 二ッつ?」 妙なもので角砂糖をつまみ上げた奥さんは、私の顔を見て、茶碗の中へ入れる砂糖の 数 ( かず )を聞いた。 「これ以上、おっきくて入らない、、」 「ふふ、大丈夫大丈夫、じゃあ口窄めてちゃんと吸っ ててごらん」 男はそういうと真帆の頭を両手で掴んで、肉棒を口内 にゆっくり押し込みました。 いつもの通り沈黙がちに落ち付き払った歩調をすまして運んで行くので、私は少し 業腹 ( ごうはら )になった。 「真っ白な衣装がすごく似合うね」 「、、」 「私だったら真帆さんみたいな人が近くにいたらお付 き合いしたくてたまらないけどなぁ」 「、、、」 「男性は何人知ってるの?」 「え?」 「経験は何人?」 「え、あ、3人です」 「旦那さんを含めて?」 「は、はい」 「こんなにスタイル良くて、3人しか知らないだなん てもったいないね」 「、、」 「胸も凄くおっきいね、何カップあるの?」 「Fカップです、、」 ズケズケとする男の質問に、真帆は意外にも答えてい ました。 考えると実に 馬鹿馬鹿 ( ばかばか )しい 性分 ( しょうぶん )だ」といって笑った。 今までの話のように第三者の吾々が選むとなるとドッチにしても不都合な点が出来て、 怪 ( け )しからぬ状態に陥り易いが、三人が得心ずくで決める事なら、別に不公平にも不道徳にもならぬではないか、怪しかりようがないではないか。 私はちょっと 躊躇 ( ちゅうちょ )した。 自分と夫の間には何の 蟠 ( わだか )まりもない、またないはずであるのに、やはり何かある。 「あ~、奥さん凄いスケベだね、旦那さんの知らない 所でこんな格好するんだね」 「、、ゃ、」 「じゃあ、私のチンポ入れていいですか?」 真帆はマングリ返しのような格好をしたまま、コクン と頷きました。 私 ( わたくし )はむしろ先生の態度に 畏縮 ( いしゅく )して、先へ進む気が起らなかったのである。 「他人の勃起なんて耐えられないでしょう?でもこれ くらいで参ってたら何も出来ないからね、少しの間自 分の奥さんでオナニーされるの見ててごらんよ」 初めて他人の勃起した肉棒を間近で見せられて多少な りとも戸惑いがありましたが、自分の大事な妻を目の 前でおかずにされて興奮もしていました。 二人は大きな金魚鉢の横から、「どうもお 邪魔 ( じゃま )をしました」と 挨拶 ( あいさつ )した。 そういう意味からいって、私たちは最も幸福に生れた人間の 一対 ( いっつい )であるべきはずです」 私は今前後の 行 ( ゆ )き 掛 ( がか )りを忘れてしまったから、先生が何のためにこんな自白を私にして聞かせたのか、 判然 ( はっきり )いう事ができない。 片手を幽霊のようにブラ下げたままフラフラと パーポン氏の前に 蹌踉 ( よろ )めき寄って来て、心持ちだけお辞儀をするようにグラグラと頭を下げた。 私 ( わたくし )の知る限り先生と奥さんとは、仲の 好 ( い )い夫婦の 一対 ( いっつい )であった。 その上年寄が二人ぎりで田舎にいるのは 定 ( さだ )めて心細いだろう、我々も子として 遺憾 ( いかん )の 至 ( いた )りであるというような感傷的な文句さえ使った。 ただ私は 淋 ( さび )しかった。 そうして心のうちで、なぜ先生の奥さんを 煩 ( わずら )わさなかったかを悔いた。 手紙で注文を受けた時は何でもないように考えていたのが、いざとなると大変 臆劫 ( おっくう )に感ぜられた。 卒業するものは毎年何百人だってあります」 私はついにこんな口の 利 ( き )きようをした。 依撒伯拉何々 ( イサベラなになに )の墓だの、 神僕 ( しんぼく )ロギンの墓だのという 傍 ( かたわら )に、 一切衆生悉有仏生 ( いっさいしゅじょうしつうぶっしょう )と書いた 塔婆 ( とうば )などが建ててあった。 私がかつてその選択について先生の意見を尋ねた時、先生は 好 ( い )いでしょうといった。 「奥さん、 先刻 ( さっき )の続きをもう少しいわせて下さいませんか。 晴れた空が身に 沁 ( し )み込むように感ぜられる 好 ( い )い 日和 ( ひより )であった。 「まあ、ご遠慮申した方がよかろう」 眼鏡 ( めがね )を掛けて新聞を見ていた父はこういった。 両方とも世間から見れば、生きているか死んでいるか分らないほど 大人 ( おとな )しい男であった。 先生に限らず、奥さんに限らず、二人とも私に比べると、一時代前の因襲のうちに成人したために、そういう 艶 ( つや )っぽい問題になると、正直に自分を開放するだけの勇気がないのだろうと考えた。 広い 蒼 ( あお )い海の表面に浮いているものは、その近所に私ら二人より 外 ( ほか )になかった。 書斎なども実に 整然 ( きちり )と片付いていた。 私が先生と知り合いになったのは 鎌倉 ( かまくら )である。 私はその時自分の言葉使いの 角張 ( かどば )ったところに気が付かずに、父の不平の方ばかりを無理のように思った。.

  • .

  • .

  • .




2022 www.listmeapp.com