願わ くば この 手 に 幸福 を - 普賢院

この を に 願わ くば 手 幸福 「万葉集あれこれ」のブログ記事一覧

幸福なわがまま

この を に 願わ くば 手 幸福 「願わくば」の意味とは?使い方を例文つきで解説!類語や英語も

この を に 願わ くば 手 幸福 縁起のいい言葉を一覧で紹介!運気が上昇する良いことわざや四文字熟語も!

この を に 願わ くば 手 幸福 仏教講座|親鸞聖人はなぜ、人間に生まれたことを喜べと言われたのか|浄土真宗 親鸞会

幸福なわがまま

この を に 願わ くば 手 幸福 お釈迦さまの感動の言葉┃天声解説[般若心経]

www.listmeapp.com: 願わくばこの手に幸福をIII【電子書籍限定書き下ろしSS付き】 (TOãƒ

この を に 願わ くば 手 幸福 願わくばこの手に幸福を 2巻

この を に 願わ くば 手 幸福 普賢院

この を に 願わ くば 手 幸福 戸田城聖先生の「生命論」を考えませんか?その17

この を に 願わ くば 手 幸福 ダライ・ラマ14世

www.listmeapp.com: 願わくばこの手に幸福をIII【電子書籍限定書き下ろしSS付き】 (TOãƒ

この を に 願わ くば 手 幸福 世界中の故人・偉人・有名人の名言集まとめ

「願わくば」の意味とは?使い方を例文つきで解説!類語や英語も

4. 求不得苦 ( ぐふとくく )・・・求めても得られない苦しみ。 大自然のリズムと合った般若の行=「 天行 ( てんぎょう )」を 毎日ひたすら行ずるうちにおのずとわかってくる。 人生はあなたのよろこびの 観 ( おも )いのままに描かれる。 詳細は「魔王軍」の「」を参照 ルナ 声 - 冒険者ギルドの受付嬢。 やるならば、「 天行 ( てんぎょう )」の世界、 「首から下」で「行」をする。 詳細は「主要人物」の「」を参照 バニル 声 - 魔王軍の幹部の一人。 感謝しようと思って自分にいいきかせても、 相手の顔を見たとたんに、なぜか憎しみがグワーッと 源 ( わ )いてきてしまう。 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」では「行」によって、 「首から下」にある「人間本来の姿」を取り戻し、 大自然の法則に則った生き方をすることが第一義。 うつせみと 思ひし時に うつせみと,おもひしときに 取り持ちて 我がふたり見し とりもちて,わがふたりみし 走出の 堤に立てる はしりでの,つつみにたてる 槻の木の こちごちの枝の つきのきの,こちごちのえの 春の葉の 茂きがごとく はるのはの,しげきがごとく 思へりし 妹にはあれど おもへりし,いもにはあれど 頼めりし 子らにはあれど たのめりし,こらにはあれど 世間を 背きしえねば よのなかを,そむきしえねば かぎるひの 燃ゆる荒野に かぎるひの,もゆるあらのに 白栲の 天領巾隠り しろたへの,あまひれがくり 鳥じもの 朝立ちいまして とりじもの,あさだちいまして 入日なす 隠りにしかば いりひなす,かくりにしかば 我妹子が 形見に置ける わぎもこが,かたみにおける みどり子の 乞ひ泣くごとに みどりこの,こひなくごとに 取り与ふ 物しなければ とりあたふ,ものしなければ 男じもの 脇ばさみ持ち をとこじもの,わきばさみもち 我妹子と ふたり我が寝し わぎもこと,ふたりわがねし 枕付く 妻屋のうちに まくらづく,つまやのうちに 昼はも うらさび暮らし ひるはも,うらさびくらし 夜はも 息づき明かし よるはも,いきづきあかし 嘆けども 為むすべ知らに なげけども,せむすべしらに 恋ふれども 逢ふよしをなみ こふれども,あふよしをなみ 大鳥の 羽がひの山に おほとりの,はがひのやまに 我が恋ふる 妹はいますと あがこふる,いもはいますと 人の言へば 岩根さくみて ひとのいへば,いはねさくみて なづみ来し よけくもぞなき なづみこし,よけくもぞなき うつせみと 思ひし妹が うつせみと,おもひしいもが 玉かぎる ほのかにだにも 見えなく思へば たまかぎる,ほのかにだにも,みえなくおもへば 210 二度、三度繰り返し口にしてみるとよく分かる。 天飛ぶや 軽の道は あまとぶや,かるのみちは 我妹子が 里にしあれば わぎもこが,さとにしあれば ねもころに 見まく欲しけど ねもころに,みまくほしけど やまず行かば 人目を多み やまずゆかば,ひとめをおほみ 数多く行かば 人知りぬべみ まねくゆかば,ひとしりぬべみ さね葛 後も逢はむと さねかづら,のちもあはむと 大船の 思ひ頼みて おほぶねの,おもひたのみて 玉かぎる 岩垣淵の たまかぎる,いはかきふちの 隠りのみ 恋ひつつあるに こもりのみ,こひつつあるに 渡る日の 暮れぬるがごと わたるひの,くれぬるがごと 照る月の 雲隠るごと てるつきの,くもがくるごと 沖つ藻の 靡きし妹は おきつもの,なびきしいもは 黄葉の 過ぎて去にきと もみちばの,すぎていにきと 玉梓の 使の言へば たまづさの,つかひのいへば 梓弓 音に聞きて あづさゆみ,おとにききて 言はむすべ 為むすべ知らに いはむすべ,せむすべしらに 音のみを 聞きてありえねば おとのみを,ききてありえねば 我が恋ふる 千重の一重も あがこふる,ちへのひとへも 慰もる 心もありやと なぐさもる,こころもありやと 我妹子が やまず出で見し わぎもこが,やまずいでみし 軽の市に 我が立ち聞けば かるのいちに,わがたちきけば 玉たすき 畝傍の山に たまたすき,うねびのやまに 鳴く鳥の 声も聞こえず なくとりの,こゑもきこえず 玉桙の 道行く人も たまほこの,みちゆくひとも ひとりだに 似てし行かねば ひとりだに,にてしゆかねば すべをなみ 妹が名呼びて 袖ぞ振りつる 207 すべをなみ,いもがなよびて,そでぞふりつ る 軽は、今の橿原市の東南、畝傍山に近い。 勝鹿の真間の井見れば立ち平し水汲ましけむ手児名し思ほゆ 1808 かつしかの,ままのゐみれば,たちならし,みづくましけむ,てごなしおもほゆ 立ち平し水汲ましけむ 手児名は地面が平らになるほどに、水汲みに励む評判の働き者であり、なりふり構わずよく働く。 親方 声 - 不明 土木会社の長で、カズマとアクアの一時期の雇い主。 家に来て我が屋を見れば玉床の外に向きけり妹が木枕 216 いへにきて,わがやをみれば,たまどこの,ほかにむきけり,いもがこまくら 為むすべ知らに どうしてよいか分からぬまま、そこに帰ったであろう、山に行けば逢えると人の言うのを頼りに、険しい山道を登ってみたが、どこにも姿は見えない。 2014年3月1日 『眠れる森のクルセイダー』『たまには女神らしい事』 『芸術は爆裂だ』 『ダクネス、花嫁修行中』 4 鈍ら四重奏 〜ナマクラカルテット〜 2014年5月1日 『町内会の不死の王』『女神の加護を!』 『紅い瞳の初心者殺し』 『間違ってますよお嬢さま』 5 爆裂紅魔にレッツ&ゴー!! イライラが 源 ( わ )いてくる。 奇跡でも、不思議でもなく、 あなた自身に備わっていたものが、 源 ( わ )いてきただけです。 「頭( 我執 ( がしゅう ))を取る」ために「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」を ひたすらに、ただひたすらに繰り返す。 神族 エリス 声 - 諏訪彩花 エリス教の御神体にして、幸運を司る女神。 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」は頭で理解して行うものではありません。 セシリー 声 - (ファンタスティックデイズ) アクシズ教団のプリースト。 ゲーム:この素晴らしい世界に祝福を! 〜この欲望の衣装に寵愛を!〜 ゲームジャンル 対応機種 発売元 プレイ人数 1人 発売日 2020年9月24日 レイティング : C キャラクターボイス フルボイス - プロジェクト ・・ ポータル ・・ 『 この素晴らしい世界に祝福を!』(このすばらしいせかいにしゅくふくを)は、によるの。 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」の繰り返しとは、大自然の法則に沿った三つの「行」の実践です。 旅人が太宰府から都の藤原房前に琴を贈った 「 13 夢に娘子になりて」 、その房前以下、参議麻呂、右大臣武智麻呂、参議宇合の不比等の子四兄弟が共に天然痘で亡くなった735年、宇合の下にいた虫麻呂もこの時期に生涯を終えているらしい。 極めつけは、 我妹子が 形見に置ける みどり子の 乞ひ泣くごとに 取り与ふ 物しなければ 男じもの 脇ばさみ持ち 我妹子と ふたり我が寝し 枕付く 妻屋のうちに 昼はも うらさび暮らし 夜はも 息づき明かし 嘆けども 為むすべ知らに 恋ふれども 逢ふよしをなみ 、残された赤子を、 男じもの 男ではない、女のように小脇に抱え、いくら泣かれても、何を与えてよいのやら、どうあやしたらよいのやら 為むすべ知らに どうしてよいか分からぬまま、昼も夜も亡き妻の部屋の中でおろおろするばかり。 魔族 キール 声 - かつては凄腕と謡われたアークウィザード。 天から授かった「人間本来の姿」とは、 この7つをまっとうすることであり、 「生きる=生かされている」とは、 これらを人生80年の間で無上に味わってこいよ、 という天の愛です。 反対にどうしようもなく喜びが 源 ( わ )いてくる。 2. 怨憎会苦 ( おんぞうえく )・・・人を恨み、憎む苦しみ。 それでいて、 錦綾の 中に包める 斎ひ子も 妹にしかめや 着飾ったどこの箱入り娘より人の目を引きつけた。 つづく 夏来るらし貝がらのストラップ 黛まどか 前回「 27 鳥雲に入る」で、持統天皇の小倉百人一首「春すぎて夏來にけらし白妙の衣ほすてふ天のかぐ山」に触れたのだが、これは、万葉集では「春過ぎて夏来るらし白栲の衣干したり天の香具山 28 」になっており、黛まどかは、この句はその本歌取りだという。 いにしへに ありけむ人の 倭文幡の 帯解き交へて 伏屋立て 妻問ひしけむ 勝鹿の 真間の手児名が 奥つ城を こことは聞けど 真木の葉や 茂くあるらむ 松が根や 遠く久しき 言のみも 名のみも我れは 忘らゆましじ 431 いにしへに,ありけむひとの,しつはたの,おびときかへて,ふせやたて,つまどひしけむ,かつしかの,ままのてごなが,おくつきを,こことはきけど,まきのはや,しげくあるらむ,まつがねや,とほくひさしき,ことのみも,なのみもわれは,わすらゆましじ 我れも見つ人にも告げむ勝鹿の真間の手児名が奥つ城ところ 432 われもみつ,ひとにもつげむ,かつしかの,ままのてごなが,おくつきところ 葛飾の真間の入江にうち靡く玉藻刈りけむ手児名し思ほゆ 433 かつしかの,ままのいりえに,うちなびく,たまもかりけむ,てごなしおもほゆ 短歌の中一つは、虫麻呂とは、玉藻を刈るか、水を汲むかの違いだけである。 老いもせず 死にもせずして 長き世に ありけるものを 世間の 愚か人の せっかく不老不死の 常世に至り 、そこで楽しく暮らたものを、それをこの島子という漁師ときたら、よせばよいのに里心がついて、親の顔が見たいなどと言い出し、その上大切な約束を忘れ箱 玉櫛笥 を開けてしまうとは、何と愚かな男であることよ、短歌でもう一度それを繰り返している。 麻衣に 青衿着け ひたさ麻を 裳には織り着て 髪だにも 掻きは梳らず 沓をだに はかず 着るものは粗末で、髪の手入れもせず、いつも裸足である。 「ただ繰り返し」 行 ( や )る。 赤人の歌は伝統的な挽歌を意識したものか、関心は、専ら手児名の墓と、今のそのあり様に向けられており、生前の手児名については、 倭文幡の 帯解き交へて 伏屋立て 妻問ひしけむ 手児名と同じような 倭文幡の帯 粗末な帯をした、土地の男と一緒に暮らすこともあったと語っているだけである。 つづく 鳥雲に入るおほかたは常の景 原 裕 行春に佐渡や越後の鳥曇り 森川許六 恥知りてこの地捨て得ず鳥曇 杉山岳陽 「鳥雲に入る」は春の季語、渡り鳥が雲に隠れて北に帰る。 Open here I flung the shutter, when, with many a flirt and flutter, In there stepped a stately raven of the saintly days of yore; Not the least obeisance made he; not an instant stopped or stayed he; But, with mien of lord or lady, perched above my chamber door— Perched upon a bust of Pallas just above my chamber door— 『The Raven』Edgar Allan Poe 雨戸を大きく開け放つと、ばたばた羽ばたく翼があって 舞い込んだのは神代の昔から来たような大鴉 まるで遠慮も会釈もなく、また一所にとどまらず だが戸口の上へ飛ぶと、貴人の気品をただよわせ 戸口の真上で女神の胸像に降り立った 雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ 慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシヅカニワラツテヰル 一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ アラユルコトヲ ジブンヲカンジョウニ入レズニヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ 野原ノ松ノ林ノ蔭ノ小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ 東ニ病気ノ子供アレバ 行ツテ看病シテヤリ 西ニ疲レタ母アレバ 行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ 南ニ死ニサウナ人アレバ 行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ 北ニケンクワヤソシヨウガアレバ ツマラナイカラヤメロトイヒ ヒデリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ ミンナニデクノボートヨバレ ホメラレモセズ クニモサレズ サウイフモノニ ワタシハナリタイ 宮沢賢治の詩.

  • 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」では一切が「空」であり、実体はない。 つづく 糸瓜咲て痰のつまりし仏かな 正岡子規 水洟や鼻の先だけ暮れ残る 芥川龍之介 辞世というとこんな句を思い浮かべたりもするのだが、そもそも辞世の句や歌が可能なものか、はなはだ疑問である。 この3つの法則に沿った行い( 三法行 ( さんぽうぎょう ))を 願わず、求めず、ただ繰り返すことによって、 はじめて自分の「 観 ( おも )い」を喜びに変えることができる。 喜びが 源 ( わ )いている人が真に「悟れる人」。 ここでは、残された男の方が、 春さらばかざしにせむと我が思ひし桜の花は散りにけるかも 3786 とか、 あしひきの山縵の子今日行くと我れに告げせば帰り来ましを 3789 とか、取って付けたような呑気な歌を詠っている。 前半で 天地 日月とともに 足り行かむ 天地、日月と共に満ち足りた瀬戸内の大きな景色を詠い、一転して行路の死に目を向ける。 「あたりまえの人間に成る」要素が「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」の繰り返し。 ここに、涙を拭ひて哥ひしく、 常世辺に雲立ちわたる水の江の浦島の子が言持ち渡る 神女、遥かに芳しき音を飛ばして、哥ひしく、 大和べに風吹きあげて雲離れ退き居りともよ吾を忘らすな 島子、更に、恋の望ひに勝へずして哥ひしく、 子らに恋ひ朝戸を開き吾が居れば常世の浜の波の音聞こゆ 箱を開けて島子はどうなったのか、この相聞のような歌は何なのか、やはり虫麻呂のものの方が作品としては格段によい。 「人間は天に生かされ、法によって人間に成る」 よって、「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」は仏説ではなく、 法説から始まっています。 「 源 ( わ )いてくるな」といっても 源 ( わ )いてくる。 天雲の 影さへ見ゆる こもりくの 泊瀬の川は 浦なみか 舟の寄り来ぬ 礒なみか 海人の釣せぬ よしゑやし 浦はなくとも よしゑやし 礒はなくとも 沖つ波 競ひ漕入り来 海人の釣舟 3225 大君の 命畏み 見れど飽かぬ 奈良山越えて 真木積む 泉の川の 早き瀬を 棹さし渡り ちはやぶる 宇治の渡りの たきつ瀬を 見つつ渡りて 近江道の 逢坂山に 手向けして 我が越え行けば 楽浪の 志賀の唐崎 幸くあらば またかへり見む 道の隈 八十隈ごとに 嘆きつつ 我が過ぎ行けば いや遠に 里離り来ぬ いや高に 山も越え来ぬ 剣太刀 鞘ゆ抜き出でて 伊香胡山 いかにか我がせむ ゆくへ知らずて 3240 この後の方の長歌などは完成度も高く、これに先行する似た表現の歌が他にも存在したのかもしれない。 「昔しこの村に長良の乙女と云う、美くしい長者の娘が御座りましたそうな」 「へえ」 「ところがその娘に二人の男が一度に懸想して、あなた」 「なるほど」 「ささだ男に靡こうか、ささべ男に靡こうかと、娘はあけくれ思い煩ったが、どちらへも靡きかねて、とうとう あきづけばをばなが上に置く露の、けぬべくもわは、おもほゆるかも と云う歌を咏んで、淵川へ身を投げて果てました」 こっちは同じ画工と出戻りの那美さんとの会話。 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」では「空」は「無」と違います。 生活にこたえが出る唯一の方法は 「心のお経である心経」ではなく、 ただ繰り返し(天)を実践(行)する「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」です。 王族・王都の関係者 ベルゼルグ・スタイリッシュ・ソード・アイリス 声 - (ファンタスティックデイズ) 作中では主に アイリスと呼ばれる。 夏虫の 火に入るがごと 港入りに 舟漕ぐごとく 夏の虫が火に、舟が港に集まってくるように、 行きかぐれ 人の言ふ 人を引きつけ、人は手児名をうわさし合ったという。 観自在、般若波羅蜜多の行をおこなったとき、すべてが空であると照見し、一切の苦厄を超越する この25文字のなかに、「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」のすべてが入っています。 自由自在に自分の中(内)から 源 ( わ )いてくる。 万葉集の時代、東海道の東の果ては常陸であり、相模からは三浦半島から舟で房総半島に渡り、上総の国府 市原市 、下総の国府 市川市 を経て常陸の国府 石岡市 に至る。 喜びが 源 ( わ )いてくることによって、 「苦」を「苦」と 観 ( おも )わない自分になる。 石見の海 角の浦廻を いはみのうみ,つののうらみを 浦なしと 人こそ見らめ うらなしと,ひとこそみらめ 潟なしと 人こそ見らめ かたなしと,ひとこそみらめ よしゑやし 浦はなくとも よしゑやし,うらはなくとも よしゑやし 潟はなくとも よしゑやし,かたはなくとも 鯨魚取り 海辺を指して いさなとり,うみへをさして 柔田津の 荒礒の上に にきたづの,ありそのうへに か青なる 玉藻沖つ藻 かあをなる,たまもおきつも 朝羽振る 風こそ寄せめ あさはふる,かぜこそよせめ 夕羽振る 波こそ来寄れ ゆふはふる,なみこそきよれ 波のむた か寄りかく寄り なみのむた,かよりかくより 玉藻なす 寄り寝し妹を たまもなす,よりねしいもを 露霜の 置きてし来れば つゆしもの,おきてしくれば この道の 八十隈ごとに このみちの,やそくまごとに 万たび かへり見すれど よろづたび,かへりみすれど いや遠に 里は離りぬ いやとほに,さとはさかりぬ いや高に 山も越え来ぬ いやたかに,やまもこえきぬ 夏草の 思ひ萎へて なつくさの,おもひしなえて 偲ふらむ 妹が門見む 靡けこの山 131 しのふらむ,いもがかどみむ,なびけこのやま 題詞は「従石見國別妻上来時歌」長歌二首の中の一首目。 ミーア 声 - エイミー 声 - スコール 声 - メル 声 - 雷の精霊。 「 観 ( おも )い」がなんと出るか。 ダストのパーティー ダスト 声 - アクセル随一のチンピラ冒険者と評判の青年。 本来は「 聖盾 ( せいじゅん )イージス」とセットだったが分かれ、ともに所有者の手を離れて久しい。 アイストリス 呪い人形 サーペントレディ ケルベロス アーマーナイト ガーゴイル 世界観 舞台となる異世界は、簡潔に言えば劇中でアクアやカズマが言うように「 ゲームのような世界」である。 いずれも相聞 愛 と挽歌 死 を主題とする、最も万葉集らしい作品群である。 道徳や倫理や常識といったものでは制御できないものが「 観 ( おも )い」。 映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説 公式サイト 2019年4月24日.

  • しなが鳥 安房に継ぎたる 梓弓 周淮の珠名は 胸別けの 広き我妹 腰細の すがる娘子の その顔の きらきらしきに 花のごと 笑みて立てれば 玉桙の 道行く人は おのが行く 道は行かずて 呼ばなくに 門に至りぬ さし並ぶ 隣の君は あらかじめ 己妻離れて 乞はなくに 鍵さへ奉る 人皆の かく惑へれば たちしなひ 寄りてぞ妹は たはれてありける 1738 しながとり,あはにつぎたる,あづさゆみ,すゑのたまなは,むなわけの,ひろきわぎも,こしぼその,すがるをとめの,そのかほの,きらきらしきに,はなのごと,ゑみてたてれば,たまほこの,みちゆくひとは,おのがゆく,みちはゆかずて,よばなくに,かどにいたりぬ,さしならぶ,となりのきみは,あらかじめ,おのづまかれて,こはなくに,かぎさへまつる,ひとみなの,かくまとへれば,たちしなひ,よりてぞいもは,たはれてありける 話題の主、「珠名娘子」は、 胸別けの広き 腰細のすがる娘子 だという。 人間の中には7つのよろこびの 観 ( おも )いがある。 「 観 ( おも )い」が先にあって、後に現象が続く。 レイン 声 - (ファンタスティックデイズ) クレアとともにアイリスの付き人をしている女性で、地味な印象の魔法使い。 遅れをとった うなひをとこ も、 天仰ぎ 叫びおらび 地を踏み きかみたけびて もころ男に 負けてはあらじと 後れを取った悔しさに地団駄を踏み、あんな奴に負けてなるものかと、これまた即座に後を追いかけたのである。 ダスティネス家 ダスティネス・フォード・イグニス 声 - ダクネスの父親。 生活の中で「プラス」も、「マイナス」も どうしようもなく 源 ( わ )いてくるのです。 鴨山の岩根しまける我れをかも知らにと妹が待ちつつあるらむ 223 かもやまの,いはねしまける,われをかも,しらにといもが,まちつつあるらむ 今日今日と我が待つ君は石川の峽に交りてありといはずやも 224 けふけふと,わがまつきみは,いしかはの,かひに,まじりて,ありといはずやも 直の逢ひは逢ひかつましじ石川に雲立ち渡れ見つつ偲はむ 225 ただのあひは,あひかつましじ,いしかはに,くもたちわたれ,みつつしのはむ 最初が人麻呂、後の二つが依羅娘子である。 それは「六波羅蜜」といい、 「 布施 ( ふせ )・ 持戒 ( じかい )・ 忍辱 ( にんにく )・精進・ 禅定 ( ぜんじょう )・智慧」の6つの「行」から成る。 クレア 声 - (ファンタスティックデイズ) アイリスの護衛の女騎士。 その顔の きらきらしきに 花のごと 笑みて立てれば ただでさえ人目を引くこんな女の子が、誰彼なく愛想よく笑いかけるのだから、男共はたまったものではない。 「春の海ひねもすのたりのたりかな」 つづく 天の海に雲の波立ち月の舟星の林に漕ぎ隠る見ゆ 1068 あめのうみに,くものなみたち,つきのふね,ほしのはやしに,こぎかくるみゆ 空を海に見立てると、山の端から昇ってそこを横切って行く月は、さしずめ舟ということになる。 「何一つ無理のない人間本来のあるべき姿」を自分のものとしたあなたは 「 観 ( おも )い」を自由自在に 源 ( わ )かせるようになっています。 つづく 宿かせと刀投出す吹雪哉 蕪村 この句は前に「 13 夢に娘子になりて」で一度引用している。 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」の繰り返しとは、 そうした深刻そうな顔をした「行」ではない。 聖鎧 ( せいがい ) 白銀に輝くで、意志を持った。 アクセルの街近郊に住む貴族 アレクセイ・バーネス・アルダープ 声 - アクセルの街を含む領地の領主。 つのさはふ 石見の海の つのさはふ,いはみのうみの 言さへく 唐の崎なる ことさへく,からのさきなる 海石にぞ 深海松生ふる いくりにぞ,ふかみるおふる 荒礒にぞ 玉藻は生ふる ありそにぞ,たまもはおふる 玉藻なす 靡き寝し子を たまもなす,なびきねしこを 深海松の 深めて思へど ふかみるの,ふかめておもへど さ寝し夜は 幾だもあらず さねしよは,いくだもあらず 延ふ蔦の 別れし来れば はふつたの,わかれしくれば 肝向ふ 心を痛み きもむかふ,こころをいたみ 思ひつつ かへり見すれど おもひつつ,かへりみすれど 大船の 渡の山の おほぶねの,わたりのやまの 黄葉の 散りの乱ひに もみちばの,ちりのまがひに 妹が袖 さやにも見えず いもがそで,さやにもみえず 妻ごもる 屋上の山の つまごもる,やかみのやまの 雲間より 渡らふ月の くもまより,わたらふつきの 惜しけども 隠らひ来れば をしけども,かくらひくれば 天伝ふ 入日さしぬれ あまづたふ,いりひさしぬれ 大夫と 思へる我れも ますらをと,おもへるわれも 敷栲の 衣の袖は 通りて濡れぬ 135 しきたへの,ころものそでは,とほりてぬれぬ 二つの長歌に添えられた短歌もそれぞれ一首ずつあげてみる。 偽りの世界とは首から下の「 観 ( おも )い」が映し出す自分の「影」である。 めぐみんの家族 こめっこ 声 - めぐみんの妹。 玉藻よし 讃岐の国は たまもよし,さぬきのくには 国からか 見れども飽かぬ くにからか,みれどもあかぬ 神からか ここだ貴き かむからか,ここだたふとき 天地 日月とともに あめつち,ひつきとともに 足り行かむ 神の御面と たりゆかむ,かみのみおもと 継ぎ来る 那珂の港ゆ つぎきたる,なかのみなとゆ 船浮けて 我が漕ぎ来れば ふねうけて,わがこぎくれば 時つ風 雲居に吹くに ときつかぜ,くもゐにふくに 沖見れば とゐ波立ち おきみれば,とゐなみたち 辺見れば 白波騒く へみれば,しらなみさわく 鯨魚取り 海を畏み いさなとり,うみをかしこみ 行く船の 梶引き折りて ゆくふねの,かぢひきをりて をちこちの 島は多けど をちこちの,しまはおほけど 名ぐはし 狭岑の島の なぐはし,さみねのしまの 荒磯面に 廬りて見れば ありそもに,いほりてみれば 波の音の 繁き浜辺を なみのおとの,しげきはまべを 敷栲の 枕になして しきたへの,まくらになして 荒床に ころ臥す君が あらとこに,ころふすきみが 家知らば 行きても告げむ いへしらば,ゆきてもつげむ 妻知らば 来も問はましを つましらば,きもとはましを 玉桙の 道だに知らず たまほこの,みちだにしらず おほほしく 待ちか恋ふらむ はしき妻らは 220 おほほしく,まちかこふらむ,はしきつまらは 讃岐の国の「那珂の港」から船を漕ぎ出したものの、強風を恐れて「狭岑の島」に緊急避難したのである。 ヘインズ 声 - ダクネスの知り合いの冒険者で、金髪 の戦士風の男。 ささだ男もささべ男も、男妾にするばかりですわ」 「両方ともですか」 「ええ」 「えらいな」 「えらかあない、当り前ですわ」 美しい娘と複数の求婚者、妻争い、その果ての悲劇といった伝承は、いかにもありそうな話で、事実どこにでもある。 娘子らが後の標と黄楊小櫛生ひ変り生ひて靡きけらしも 4212 をとめらが,のちのしるしと,つげをぐし,おひかはりおひて,なびきけらしも 娘の形見の櫛を塚にさしておいたら、あのように黄楊の木に育ち、枝が ちぬをとこ の方に靡いているところをみると、やはり娘の心は決まっていたのだよ、とか。 葦屋の 菟原娘子の 八年子の 片生ひの時ゆ 小放りに 髪たくまでに 並び居る 家にも見えず 虚木綿の 隠りて居れば 見てしかと いぶせむ時の 垣ほなす 人の問ふ時 茅渟壮士 菟原壮士の 伏屋焚き すすし競ひ 相よばひ しける時は 焼太刀の 手かみ押しねり 白真弓 靫取り負ひて 水に入り 火にも入らむと 立ち向ひ 競ひし時に 我妹子が 母に語らく しつたまき いやしき我が故 ますらをの 争ふ見れば 生けりとも 逢ふべくあれや ししくしろ 黄泉に待たむと 隠り沼の 下延へ置きて うち嘆き 妹が去ぬれば 茅渟壮士 その夜夢に見 とり続き 追ひ行きければ 後れたる 菟原壮士い 天仰ぎ 叫びおらび 地を踏み きかみたけびて もころ男に 負けてはあらじと 懸け佩きの 小太刀取り佩き ところづら 尋め行きければ 親族どち い行き集ひ 長き代に 標にせむと 遠き代に 語り継がむと 娘子墓 中に造り置き 壮士墓 このもかのもに 造り置ける 故縁聞きて 知らねども 新喪のごとも 哭泣きつるかも 1809 あしのやの,うなひをとめの,やとせこの,かたおひのときゆ,をばなりに,かみたくまでに,ならびをる,いへにもみえず,うつゆふの,こもりてをれば,みてしかと,いぶせむときの,かきほなす,ひとのとふとき,ちぬをとこ,うなひをとこの,ふせやたき,すすしきほひ,あひよばひ,しけるときは,やきたちの,たかみおしねり,しらまゆみ,ゆきとりおひて,みづにいり,ひにもいらむと,たちむかひ,きほひしときに,わぎもこが,ははにかたらく,しつたまき,いやしきわがゆゑ,ますらをの,あらそふみれば,いけりとも,あふべくあれや,ししくしろ,よみにまたむと,こもりぬの,したはへおきて,うちなげき,いもがいぬれば,ちぬをとこ,そのよいめにみ,とりつづき,おひゆきければ,おくれたる,うなひをとこい,あめあふぎ,さけびおらび,つちをふみ,きかみたけびて,もころをに,まけてはあらじと,かけはきの,をだちとりはき,ところづら,とめゆきければ,うがらどち,いゆきつどひ,ながきよに,しるしにせむと,とほきよに,かたりつがむと,をとめはか,なかにつくりおき,をとこはか,このもかのもに,つくりおける,ゆゑよしききて,しらねども,にひものごとも,ねなきつるかも 葦屋は、今の兵庫県芦屋市、ここに住む「菟原娘子 うなひをとめ 」を地元、摂津国の「菟原壮士 うなひをとこ 」と隣国、和泉国の、よそ者である「茅渟壮士 ちぬをとこ 」が争ったのである。 レッドプリズン あるえ 声 - めぐみん、ゆんゆんの同級生。 一人ひとりの「首から下」に秘められている「人間に成る」ための行、 それが人間再生を可能にする「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」の繰り返しです。 人麻呂は、長歌の形を借り妻の死を詠い 「妻死之後泣血哀慟作歌」 、別れを詠い 「従石見國別妻上来時歌」 、異郷での死を詠った。 そのとき、人間と「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」が調和し、 人間が生まれたときに天から授かったすべて=「人間本来の姿」が 源 ( わ )いてくるようになるのです。 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」では、そんなことにこだわるなといいます。 つまり、物質はすべて「空」であるから、それを感じたり、意識したり、欲したりすることも「空」なのである) 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」はすべて 願わず、求めず、頼まずの「行」が中心であり、 人類の永遠不滅を約束する「行」の言葉。 憎しみが 源 ( わ )いてくる。 この智恵が 源 ( わ )くかどうかは器の大きさ 自分にこだわっている人からは智恵はまったく出てこない 器の小さい人は無理して智恵を出さなければなりません。 三世諸仏総勘文教相廃立(御書P574)いわく 「三世の諸仏の御本意に相い叶(かな)い二聖(しょう)・二天(てん)・十羅刹(らせつ)の擁護(おうご)を蒙(こう)むり滞(とどこお)り無く上上品の寂光の往生を遂(と)げ須臾(しゆゆ)の間に九界生死の夢の中に還り来って身を十方法界の国土に遍じ心を一切有情(うじょう)の身中に入れて内よりは勧発(かんぱつ)し外よりは引導(いんどう)し内外相応(ないげそうおう)し因縁和合(いんねんわごう)して自在神通(じざいじんつう)の慈悲の力を施(ほどこ)し広く衆生を利益すること滞り(とどこおり)有る可からず、 三世の諸仏は此れを一大事の因縁と思食(おぼしめ)して世間に出現し給えり乃至然るに宿縁に催(もよお)されて生を仏法流布の国土に受けたり善知識の縁に値いなば因果を分別して成仏す可き身を以て善知識に値(あ)うと雖も猶(なお)草木にも劣って身中の三因仏性(いんぶっしょう)を顕さずして黙止(もだ)せる謂(いわ)れ有る可きや、 此の度必ず必ず生死の夢を覚まし本覚の寤(うつつ)に還つて生死の紲(きづな)を切る可し今より已後は夢中の法門を心に懸(か)く可からざるなり、三世の諸仏と一心と和合して妙法蓮華経を修行し障(さわ)り無く開悟(かいご)す可し自行と化他との二教の差別は鏡に懸けて陰(くも)り無し、三世の諸仏の勘文(かんもん)是くの如し秘す可し秘す可し」 三世の諸仏の御本意に相い叶いとは、大御本尊を信じ、題目を唱えることである。 人間として「最高の生きざま」を残し、「最高の死にざま」を迎えるために 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」は単なる智恵ではありません。 あなたが大自然のリズム(波長)と一致したとき、 「最高のよろこび」が理屈を超えて あなたの体の奥底から 源 ( わ )きあがりはじめます。 そのためにまず、「頭( 我執 ( がしゅう ))を取る」。 大伴田主字曰仲郎 容姿佳艶風流秀絶 見人聞者靡不歎息也 時有石川女郎 自成雙栖之感恒悲獨守之難 意欲寄書未逢良信 爰作方便而似賎嫗 己提堝子而到寝側 哽音蹢足叩戸諮曰 東隣貧女将取火来矣 於是仲郎 暗裏非識冒隠之形 慮外不堪拘接之計 任念取火就跡歸去也 明後女郎 既恥自媒之可愧 復恨心契之弗果 因作斯歌以贈謔戯焉 この大伴田主ときたら、「容姿佳艶風流秀絶」キムタクやらヨン様やら何やらを取り集めたような男で持てに持て、尋常なやり方では女の方から近づきようがない。 ももきね 美濃の国の 高北の くくりの宮に 日向ひに 行靡闕矣 ありと聞きて 我が行く道の 奥十山 美濃の山 靡けと 人は踏めども かく寄れと 人は突けども 心なき山の 奥十山 美濃の山 3242 ももきね,みののくにの,たかきたの,くくりのみやに,ひむかひに,行靡闕矣,ありとききて,わがゆくみちの,おきそやま,みののやま,なびけと,ひとはふめども,かくよれと,ひとはつけども,こころなきやまの,おきそやま,みののやま 美濃の奥十山がどのような山かは分からないが、どことなくこの場合は民話風である。 秋萩の上に置きたる白露の消かもしなまし恋ひつつあらずは 2254 あきはぎの,うへにおきたる,しらつゆの,けかもしなまし,こひつつあらずは 秋の穂をしのに押しなべ置く露の消かもしなまし恋ひつつあらずは 2256 あきのほを,しのにおしなべ,おくつゆの,けかもしなまし,こひつつあらずは 秋萩の枝もとををに置く露の消かもしなまし恋ひつつあらずは 2258 あきはぎの,えだもとををに,おくつゆの,けかもしなまし,こひつつあらずは 消かもしなまし恋ひつつあらずは 思い続けているよりは消え失せてしまいたい。 最初の方は、原文の仮名だと「東 野炎 立所見而 反見為者 月西渡」であり、これが上のように読まれるようになったのは近世になってからである。 こだわり(自分)を無くすには、このこだわり(自分)の根源である 頭( 我執 ( がしゅう ))を取るしかない」 人間は頭( 我執 ( がしゅう ))にとらわれた瞬間から、 「心からの喜び」を失います。 予期しない突然のことに、 言はむすべ 為むすべ知らに 言葉を失いどうしてよいか分からないまま、 千重の一重も 慰もる 心もありやと 千に一つも気が紛れることもあろうかと、いたたまれず市の雑踏の中に身を置いてみた。 しかし、 さ寝し夜は幾だもあらず とか、 心を痛み思ひつつかへり見すれど とか、 妹が袖さやにも見えず とか、 大夫と思へる我れも とか、格別新しさはない。 「いま」を最高と「 観 ( おも )える」自分に成ることがあなたを救うのです。 頭の世界、こだわり( 我執 ( がしゅう ))がある自分で 「般若心経」をいくらありがたがっても、 いくら語っても、 頭の中の理論理屈の世界での話。 あしひきの山のしづくに妹待つと我れ立ち濡れぬ山のしづくに 107 あしひきの,やまのしづくに,いもまつと,われたちぬれぬ,やまのしづくに 我を待つと君が濡れけむあしひきの山のしづくにならましものを 108 あをまつと,きみがぬれけむ,あしひきの,やまのしづくに,ならましものを 大船の津守が占に告らむとはまさしに知りて我がふたり寝し 109 おほぶねの,つもりがうらに,のらむとは,まさしにしりて,わがふたりねし 大名児を彼方野辺に刈る草の束の間も我れ忘れめや 110 おほなこを,をちかたのへに,かるかやの,つかのあひだも,われわすれめや 問題は、この連続した四つの歌の題詞がそれぞれ「大津皇子贈石川郎女御歌」「石川郎女奉和歌」「大津皇子竊婚石川女郎時津守連通占露其事皇子御作歌」「日並皇子尊贈賜石川女郎御歌[女郎字曰大名兒也]」となっている点であり、こうなると一つ一つの歌が、本来の意味とは別に、関連しあって特別な意味を持たざるを得ない。 人皆の かく惑へれば たちしなひ 寄りてぞ妹は たはれてありける 子供のように、人の注目を浴び、声を掛けられることが単純に嬉しいだけなのだが、あの子ときたら、なんとまあ、見境もなく誰にも戯れ、と目に角を立てる向きがない方がおかしい。 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」は「人間本来の存在」そのもの、 大自然のリズムそのもの、 「首から下」に備わった「本来の自分」が目覚めてくる。 糞掃衣 すその短く くるふしも 臑もあらはに わらんちも 穿かぬ素足は 國々の 道の長手の 土をふみ 石をふみ来て にしみたる 血さえ見ゆかに いたましく 頬こけおちて おとかひも しゃくれ尖るを 眉は長く 目見 まみ の静けく たぐひなき 敬虔 つつしみ をもて 合せたる 掌のさきよりは 光さへ 放つと見ゆれ 以下略 像に刻まれた一遍上人の印象を詠ったもので、いかにも遊行寺の境内に相応しい。 1. 五蘊盛苦 ( ごうんじょうく )・・・迷わなければならない苦しみ。 そうすることで「いまが最高!」と「 観 ( おも )える自分」に成り、 「最高のいま」を生きぬくことができるのです。 「頭( 我執 ( がしゅう ))を取る」と本来の人間が源いてくる。 「首から下」の本来の人間に成った状態、 これこそが「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」の悟りの世界。 夏草の 思ひ萎へて 偲ふらむ 妹が門見む 夏草のように打ち萎れ、今なお門口に佇む姿を思い浮かべ、山に向かって「靡け」を呼び掛けずにはいられない。 ファンタスティックデイズのオリジナル登場人物 リア 声 - 歌い手ユニットアクセルハーツの1人。 ふにふら、どどんこ 声 - (ふにふら)、(どどんこ) めぐみん、ゆんゆんの同級生。 大切なことは、そうした毎日をこだわりなくでき、 「いま生きている」ことに「最高だ!」と無性に「 観 ( おも )える」自分に成ること。 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」をただただ繰り返し唱える法唱(ほうしょう)、 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」をただただ繰り返し書き写す法筆(ほうひつ)、 座して、生かされていることを素直に喜びながら、ただただ深呼吸を繰り返す法座(ほうざ)。 鶏が鳴く 東の国に 古へに ありけることと 今までに 絶えず言ひける 勝鹿の 真間の手児名が 麻衣に 青衿着け ひたさ麻を 裳には織り着て 髪だにも 掻きは梳らず 沓をだに はかず行けども 錦綾の 中に包める 斎ひ子も 妹にしかめや 望月の 足れる面わに 花のごと 笑みて立てれば 夏虫の 火に入るがごと 港入りに 舟漕ぐごとく 行きかぐれ 人の言ふ時 いくばくも 生けらじものを 何すとか 身をたな知りて 波の音の 騒く港の 奥城に 妹が臥やせる 遠き代に ありけることを 昨日しも 見けむがごとも 思ほゆるかも 1807 とりがなく,あづまのくにに,いにしへに,ありけることと,いままでに,たえずいひける,かつしかの,ままのてごなが,あさぎぬに,あをくびつけ,ひたさをを,もにはおりきて,かみだにも,かきはけづらず,くつをだに,はかずゆけども,にしきあやの,なかにつつめる,いはひこも,いもにしかめや,もちづきの,たれるおもわに,はなのごと,ゑみてたてれば,なつむしの,ひにいるがごと,みなといりに,ふねこぐごとく,ゆきかぐれ,ひとのいふとき,いくばくも,いけらじものを,なにすとか,みをたなしりて,なみのおとの,さわくみなとの,おくつきに,いもがこやせる,とほきよに,ありけることを,きのふしも,みけむがごとも,おもほゆるかも その顔の きらきらしきに 花のごと 笑みて立てれば これは珠名、 望月の 足れる面わに 花のごと 笑みて立てれば これは手児名である。 すなわち、羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提僧婆訶般若天行) 「一切皆空」の自分になれる方法、 その手段が般若波羅蜜多=知恵を完成する行。 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」の現代版が「七観行(ななかんぎょう」。 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」のただ繰り返しは この80年間で「人間に成る」ための「行」です。 自分の中にこだわり( 我執 ( がしゅう ))がどんどん満ちあふれてしまう。 荒波に寄り来る玉を枕に置き我れここにありと誰れか告げなむ 226 あらなみに,よりくるたまを,まくらにおき,われここにありと,たれかつげなむ 天離る鄙の荒野に君を置きて思ひつつあれば生けるともなし 227 あまざかる,ひなのあらのに,きみをおきて,おもひつつあれば,いけるともなし 最初の歌の題詞は「丹比真人[名闕]擬柿本朝臣人麻呂之意報歌」。 「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」の現代訳に入ります。 聖鎧アイギス(せいがいアイギス) 詳細は「その他の人物」の「」を参照 聖盾イージス(せいじゅんイージス) アイリスの剣() アイリスの持つ光り輝く聖剣。 それで、 ねもころに 見まく欲しけど もっともっと逢いたいのだが、 やまず行かば 人目を多み 数多く行かば 人知りぬべみ 人目を気にして、あまり頻繁に通わないよう遠慮していたのだという。 それが、「 般若天行 ( はんにゃてんぎょう )」が自分のものに成った人に与えられる「徳」。 釈迦が「頭( 我執 ( がしゅう ))を取りなさい」といっているのはこのことです。 これも上の冊子 「柿本人麻呂と川越」 によると、全国に二百ほどもある人丸神社の中、人麻呂の子孫を名乗る綾部家が祭主となっているのは、川越の他には、石見 島根 の益田市戸田の柿本神社だけで、川越の方が分家だという。 万葉集 759年 の外、日本書紀 720年 や丹後国風土記逸文にも出てくる。 「観自在」というのは、とにかく「 観 ( おも )う」まま、 「観ずる」ままの自由自在です。 その他 セナ 声 - 生天目仁美 王国。 クレメア、フィオ 声 - (クレメア)、(フィオ) ミツルギのパーティメンバーである戦士の少女と盗賊の少女。.

  • しかし、自分(頭= 我執 ( がしゅう ))を捨てきれませんでした。 二人の男は 焼太刀の 手かみ押しねり 白真弓 靫取り負ひて 水に入り 火にも入らむと 立ち向ひ 弓矢刀で武装して、水火厭わずという勢い。 願わず、求めず、頼まず、 ただやったときに 心のお経(心経)が心の行(心行)となり、 大自然のリズム(波長)に自分を沿わせていくうちに、 あなた自身が大自然そのものとなる( 天行 ( てんぎょう ))。 源 ( わ )きあがる「最高のよろこび」は、 「行い」のおかげではありません。 こもりくの初瀬の山の山の際にいさよふ雲は妹にかもあらむ 428 こもりくの,はつせのやまの,やまのまに,いさよふくもは,いもにかもあらむ 先に「 14 愛河の波浪」で、額田王の次のよく知られた歌なども、これは挽歌ではないかとする考えもあるとしたのであるが、これらの一連の挽歌の中に置いてみると、なるほどそのようにも読めるのである。 且今日々々々 吾待君者 石水之 貝尓 [一云 谷尓] 交而 有登不言八方 けふけふと,わがまつきみは,いしかはの,かひに,まじりて,ありといはずやも 問題は「貝尓 [一云 谷尓] 交而」であり、「貝に交じりて」ということになると、人麻呂が川底に貝と共に沈んでいるイメージとなる。 その他 ひろぽん 声 - 紅魔族の族長でゆんゆんの父親。 3. 愛別離苦 ( あいべつりく )・・・愛する人と別れなくてはならない苦しみ。 「Dear Tomorrow」(作曲・編曲 - ) オーディオブック 2018年よりにて、一部の巻が、声優に朗読されてオーディオブックとしてデータ配信されている。 智恵が 源 ( わ )くとは、 「喜びの 観 ( おも )い」が 源 ( わ )いてくること。 笹の葉はみ山もさやにさやげども我れは妹思ふ別れ来ぬれば 133 ささのはは,みやまもさやに,さやげども,われはいもおもふ,わかれきぬれば 秋山に落つる黄葉しましくはな散り乱ひそ妹があたり見む 137 あきやまに,おつるもみちば,しましくは,なちりまがひそ,いもがあたりみむ それ程の特徴はないものの、別れの情景はそれなりに鮮やかに描かれている。 ( 2019年1月)() 不慮の事故で命を落とした高校生の 佐藤和真(カズマ)は、で アクアにへの転移を持ちかけられる。 器の大きい人からは「 観 ( おも )うまま自由自在」に次々と智恵が 源 ( わ )いてくる。 これは「頭( 我執 ( がしゅう ))を取る」ことの本質。 ここで間違えてはいけないのは、 「智恵」と「知識」 自然と 源 ( わ )いてくるものと、知っていることは区別される。 しかし、 道行く人も ひとりだに 似てし行かねば 妻もよく出掛けた市に行き交う人の群に、その面影を求めても、道行く誰ひとり妻に似た者はいない。 大切なことはこの「 観 ( おも )い」が そのまま人生をつくるということ。 シェリー 声 - カーラ 声 - 新入りサキュバス。 昔のことには違いない つづく いくつよりとしよりならむカンナ燃ゆ 久保田万太郎 老人の日といふ嫌な一日過ぐ 右城暮石 万太郎の句には、「としよりの日といふものあるよし」と前書きがある。 混迷のとき、よりどころにするのは宇宙の真理であり、人間の内なるもの( 観 ( おも )い)である」 釈迦は人を救いたいため6年間の苦行に入りました。 気がつけば、こだわり( 我執 ( がしゅう ))が薄皮をはぐようにとれていき、 自分の中から「最高のよろこび」があふれてきます。 ちぇけら 声 - 樫井笙人 「紅魔族随一の服屋の店主」。 本を読んでわかったつもりになっても、 「 三法行 ( さんぽうぎょう )」はわかりません。 そして、最後に再び うつせみと 思ひし妹が 、今はどこを探しても ほのかにだにも 見えなく なってしまった。 道行く人は おのが行く 道は行かずて 呼ばなくに 門に至りぬ といった始末で、隣家の亭主などは 己妻離れて 乞はなくに 鍵さへ奉る さっさと女房を離縁して、気を引こうとしてあの手この手である。 東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ 48 ひむがしの,のにかぎろひの,たつみえて,かへりみすれば,つきかたぶきぬ 近江の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのにいにしへ思ほゆ 266 あふみのうみ,ゆふなみちどり,ながなけば,こころもしのに,いにしへおもほゆ いずれも題詞抜きでは少し難しそうな歌ではあるが、わずかこの二つだけである。 「最高の 観 ( おも )い」が 源 ( わ ) き、 知らないうちに「何もかもが最高!」となる。 これは大変なことのように見えますが、 喜びが 源 ( わ )いてくればとても簡単なことです。 「 三法行 ( さんぽうぎょう )」のただ繰り返しを 行 ( や )れば、 心臓が動いている人間であれば 必ず「よろこびの 観 ( おも )い」が源いてきます。 これが「 天行 ( てんぎょう )」となる。 春の日の 霞める時に 住吉の 岸に出で居て 釣舟の とをらふ見れば いにしへの ことぞ思ほゆる 水江の 浦の島子が 鰹釣り 鯛釣りほこり 七日まで 家にも来ずて 海境を 過ぎて漕ぎ行くに 海神の 神の娘子に たまさかに い漕ぎ向ひ 相とぶらひ 言成りしかば かき結び 常世に至り 海神の 神の宮の 内のへの 妙なる殿に たづさはり ふたり入り居て 老いもせず 死にもせずして 長き世に ありけるものを 世間の 愚か人の 我妹子に 告りて語らく しましくは 家に帰りて 父母に 事も告らひ 明日のごと 我れは来なむと 言ひければ 妹が言へらく 常世辺に また帰り来て 今のごと 逢はむとならば この櫛笥 開くなゆめと そこらくに 堅めし言を 住吉に 帰り来りて 家見れど 家も見かねて 里見れど 里も見かねて あやしみと そこに思はく 家ゆ出でて 三年の間に 垣もなく 家失せめやと この箱を 開きて見てば もとのごと 家はあらむと 玉櫛笥 少し開くに 白雲の 箱より出でて 常世辺に たなびきぬれば 立ち走り 叫び袖振り こいまろび 足ずりしつつ たちまちに 心消失せぬ 若くありし 肌も皺みぬ 黒くありし 髪も白けぬ ゆなゆなは 息さへ絶えて 後つひに 命死にける 水江の 浦の島子が 家ところ見ゆ 1740 はるのひの,かすめるときに,すみのえの,きしにいでゐて,つりぶねの,とをらふみれば,いにしへの,ことぞおもほゆる,みづのえの,うらしまのこが,かつをつり,たひつりほこり,なぬかまで,いへにもこずて,うなさかを,すぎてこぎゆくに,わたつみの,かみのをとめに,たまさかに,いこぎむかひ,あひとぶらひ,ことなりしかば,かきむすび,とこよにいたり,わたつみの,かみのみやの,うちのへの,たへなるとのに,たづさはり,ふたりいりゐて,おいもせず,しにもせずして,ながきよに,ありけるものを,よのなかの,おろかひとの,わぎもこに,のりてかたらく,しましくは,いへにかへりて,ちちははに,こともかたらひ,あすのごと,われはきなむと,いひければ,いもがいへらく,とこよへに,またかへりきて,いまのごと,あはむとならば,このくしげ,ひらくなゆめと,そこらくに,かためしことを,すみのえに,かへりきたりて,いへみれど,いへもみかねて,さとみれど,さともみかねて,あやしみと,そこにおもはく,いへゆいでて,みとせのあひだに,かきもなく,いへうせめやと,このはこを,ひらきてみてば,もとのごと,いへはあらむと,たまくしげ,すこしひらくに,しらくもの,はこよりいでて,とこよへに,たなびきぬれば,たちはしり,さけびそでふり,こいまろび,あしずりしつつ,たちまちに,こころけうせぬ,わかくありし,はだもしわみぬ,くろくありし,かみもしらけぬ,ゆなゆなは,いきさへたえて,のちつひに,いのちしにける,みづのえの,うらしまのこが,いへところみゆ むかしむかし浦島は、の浦島伝説である。 虫麻呂はただ、 いくばくも 生けらじものを 何すとか 身をたな知りて 誰も大して生きられるわけでもないのに、何でまた 身をたな知りて わが身のすべてを見通したかのように、何を思い詰めたものやら、と慨嘆するのみである。 君は近くて遠いね 心に触れてみたいのに 失ってしまうのが怖くて なんだ 案外似たもの同士なんだね ちょっと めそめそ泣かないで 笑っちゃうね 君は優しすぎるのよ たとえ不条理だとしても そばにいたいよ 君の日々に降り注ぐ憂鬱は 陽だまりの毛布で包んであげたい まっすぐな無邪気さを ずっとなくさないでね 月明かりだけが灯る狭い部屋 君の面影を手でなぞりながら 小さく呟いた「あのとき触れてたら…」 あのとき触れてたら… 頼りのない不器用な笑い顔も にごりのない素朴な優しさも キスのおまじないで 私ずっと守るよ たとえばいつか君が新しい 美しい世界を生きるときも 君の左胸で幸せ願わせて 忘れないでいてほしいの なんて、わがままかな.

戸田城聖先生の「生命論」を考えませんか?その17

.

  • .

  • .

  • .




2022 www.listmeapp.com